Excelワークシート内にチェックボックスを設置する方法

Excelワークシートを用いてアンケートを作成したい場合もあると思います。

紙出しが前提のものであれば記号やオートシェイプのみで事足りますが、Excelワークシートに直接入力を前提としたアンケートを作成する場合など、Webサイトでよくあるようなチェックボックスを使った方がユーザーにやさしいです。

こうしたチェックボックスはExcelにも用意されていて、フォームコントロールのひとつです。

今回はExcelワークシート内にチェックボックスを設置する方法について解説していきます。

チェックボックスを設置する方法

チェックボックスの設置方法①

  1. 「開発」タブをクリック
  2. 「挿入」をクリック
  3. 「チェックボックス」をクリック

「開発」タブはデフォルト状態ではリボンに表示されません。
表示したい方は下記記事をご参照ください。

VBAをはじめる前の環境準備!リボンの「開発」タブの表示方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

チェックボックスの設置方法②

あとはオートシェイプを挿入するときと同じ要領となります。

4. ワークシート内の任意の場所でマウス左クリック押下
  ⇒任意の大きさになったら左クリックを離す
5. チェックボックスのテキストを任意の内容へ修正

これでチェックボックスが作成できました!

チェックボックスのON/OFFの結果を任意のセルへリンクを設定する方法

せっかくチェックボックスを作成しても、結果が手入力するのはナンセンスですよね?

Excelのチェックボックスは、チェックのON/OFFに応じた結果を任意のセルへ反映することが可能です。

チェックボックスの設置方法③

  1. チェックボックスにカーソルを合わせてマウス右クリック
  2. 「コントロールの書式設定」をクリック

チェックボックスの設置方法④

「コントロールの書式設定」ダイアログが表示されます。

3. [リンクするセル]のテキストボックス右のボタンをクリック

チェックボックスの設置方法⑤

4. リンクしたいセルをクリック
5. 「コントロールの書式設定」ダイアログの「×」をクリック

チェックボックスの設置方法⑥

6. 「OK」をクリック

ここまででリンク設定は完了です。

チェックボックスの設置方法⑦

チェックボックスにチェックが入る(ON)と、リンクを張ったG3セルに「TRUE」の値が返ります。

チェックボックスの設置方法⑧

チェックボックスにチェックが外れる(OFF)と、リンクを張ったG3セルに「FALSE」の値が返ります。

この返った値を用いて関数などで集計を行なうことが可能になりました。

まとめ

「開発」タブはマクロやVBAを使う方以外はあんまり馴染みがないと思いますが、チェックボックスなどのワークシートを装飾するための素材も多いです。

活用できるようになると、見栄えも機能も優れたワークシートを作成することが可能になります。

ご興味のある方はぜひ学習してみてくださいね(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事