グラフでローソクを設定する方法

先日iOSアプリ「Microsoft Excel」のグラフの近似曲線を設定する方法について解説しました。

【iPhone/iPadアプリ】「Microsoft Excel」グラフの近似曲線を設定する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回はグラフのローソクを設定する方法について解説していきます。

操作手順

グラフ種類変更①

  1. 対象のグラフを選択
  2. 「A」をタップ

グラフ種類変更②

「ホーム」タブ内のメニューが表示されます。

3. 「ホーム」をタップ


グラフ種類変更③

4. 「グラフ」タブをタップ


ローソク①

「グラフ」タブ内のメニューが表示されます。

5. 「要素」をタップ

サンプルのグラフをこの手順から変更してますが操作手順は変更ありません。


ローソク②

「要素」のメニューが表示されます。

6. 「ローソク」をタップ


ローソク③

「ローソク」のメニューが表示されます。

7. 任意のメニューを選択

用意されているメニューは以下の2つです。

  • なし
  • ローソク

デフォルトでは非表示設定になっています。

当メニュー内で設定を変更すると、「グラフ」タブ内のメニュー(手順5.の画面)へ遷移します。

今回のサンプルではローソクを表示したいので「ローソク」を選択しました。


ローソク④

グラフ上にローソクが表示されました!

まとめ

先日のレイアウトで各要素を一括で変更する方法(下記参照)はお手軽ですが、各要素を個別に変更したい場合は上記のように「要素」メニューから一つずつ設定を行う必要があります。

【iPhone/iPadアプリ】「Microsoft Excel」グラフのレイアウトを変更する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

ローソクは複数の系列の差分を長方形で示してくれるのでわかりやすいです。

基本は株価チャートで使われますが、それ以外での高低差を示したい場合に応用は可能です。

次回はグラフの系列の色を変更する方法について解説する予定です。


Microsoft Excel

Microsoft Excel (無料)
(2014.12.19時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう