a0002_003094

郵送する作業が発生する際、封筒に宛先の住所や氏名などをあらかじめラベル印刷できると、間違いもなく手間も少なくなります。

今回はそんな便利なラベル印刷をExcel2010で行なう方法について解説していきたいと思います(・∀・)

ラベル印刷ウィザードを有効にする方法

まず、ラベル印刷を行なう準備として、ラベル印刷ウィザードのアドインを有効化する必要があります。

Excelラベル印刷①

Excelラベル印刷②

Excelラベル印刷③

  1. 「ファイル」タブをクリック
  2. 「オプション」をクリック
  3. 「アドイン」をクリック
  4. 「ラベル印刷ウィザード」を選択
  5. 「設定」をクリック
  6. 「ラベル印刷ウィザード」にチェックを入れる
  7. 「OK」をクリック

ラベル印刷を行なう方法

Excelラベル印刷④

Excelラベル印刷⑤

Excelラベル印刷⑥

Excelラベル印刷⑦

Excelラベル印刷⑧

  1. ラベルに印字する対象データのセル範囲を選択
  2. 「ファイル」タブをクリック
  3. 「印刷」をクリック
  4. 「ラベル印刷ウィザード」をクリック
  5. 【ラベル印刷ウィザード 1/3】「範囲」が1で選択したセル範囲になっているか確認
  6. 【ラベル印刷ウィザード 1/3】「次へ」をクリック
  7. 【ラベル印刷ウィザード 2/3】任意のラベル用紙を設定
  8. 【ラベル印刷ウィザード 2/3】「次へ」をクリック
  9. 【ラベル印刷ウィザード 3/3】「選択可能な列」からラベルに印字したい項目から順に「>」ボタンでラベルテンプレートを作成
  10. 【ラベル印刷ウィザード 3/3】「印刷」をクリック

1・5で選択するセル範囲は見出しを含むこと。

10の前に下図のようにプレビュー画面で9で作成したラベルテンプレートのイメージを確認しておくこと。

Excelラベル印刷⑨

まとめ

ラベル印刷はWordで行なうケースが多いイメージですが、Excelでも今回ご紹介した方法で代替え可能です。

Excelで住所録を管理しており、かつ大量の宛先へ送付する場合は、Excelの方が実用性が高いと思います。

参考になれば幸いです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう