ピボットテーブルの表示形式を変更する方法 [ピボットテーブル基礎]
AさんAさん

ピボットテーブルの場合もリボン「ホーム」タブ経由で表示形式を変えれば良いですか?

森田森田

それでも問題ないですが、できればピボットテーブルの場合、「値フィールドの設定」経由で表示形式を変更することがおすすめです!

では、詳細を解説していきますね。

はじめに

本題に入る前に、この記事がおすすめな方を挙げてみます。

  • Excelでデータの集計・分析作業を行うことが多い方
  • ピボットテーブルを実務で使う機会がある方
  • ピボットテーブルの表示形式を変更したい方

前提条件

この記事はピボットテーブルの概要を理解していることが前提です。
→まず、以下の記事で概要を把握することをおすすめします。

ピボットテーブルの表示形式は「値フィールドの設定」経由での変更がベター

ピボットテーブルレポートも普通の表と同様にリボン「ホーム」タブなどから表示形式を変更することが可能です。

ただし、稀にピボットテーブルレポートの集計条件の変更や更新などを行ったタイミングで表示形式の設定が外れてしまうケースがあります。

こうした事象は、ピボットテーブル専用の「値フィールドの設定」経由で表示形式を変更することが防ぐことが可能です。

よって、なるべくピボットテーブルの表示形式の変更は「値フィールドの設定」から行うことがおすすめです。

では、「値フィールドの設定」経由での表示形式の変更手順を確認していきましょう。

ピボットテーブルの表示形式の変更手順

今回の前提として、すでにピボットテーブルの集計条件がセットされた状態からスタートします。

ピボットテーブルの表示形式の変更は、以下の4ステップとなります。

STEP1】「値フィールドの設定」ダイアログを起動

まず、「値」ボックス内の表示形式を変更したいフィールド名の「▼」をクリック(①)します。

すると、メニューが表示されますので、その中から「値フィールドの設定」をクリック(②)してください。

【参考】手順①②は右クリックメニュー経由でもOK

手順①②は以下のように右クリックメニュー経由(ピボットテーブルレポートの任意のフィールド上で右クリック→「値フィールドの設定」をクリック)でもOKです。

以降の手順や効果は変わりませんので、状況に合わせて使い分けてください。

STEP2】「セルの書式設定」ダイアログを起動

「値フィールドの設定」ダイアログが起動します。

ここでは、「表示形式」をクリック(③)しましょう。

STEP3】任意の表示形式を設定

「セルの書式設定」ダイアログが起動します。

ここからは通常セルの表示形式の設定方法と同様に任意の表示形式を設定(④)し、OK」をクリック(⑤)してください。

今回は数値を桁区切りにしたいため、「分類」は「数値」にし、「桁区切り(,)を使用する」にチェックを入れました。

STEP4】「値フィールドの設定」ダイアログを閉じて完了

「値フィールドの設定」ダイアログに戻ります。

あとは、OK」をクリック(⑥)すると「値フィールドの設定」ダイアログが閉じ、一連の作業は完了です。

ワークシート上で集計方法の変更が確認できたらOK

ワークシート上を見ると、B4~B13セルの各数値が桁区切りの表示形式になっていますね!

他にも表示形式の設定が必要なフィールドがあれば、同じ要領で繰り返し設定してください。

【注意】「値」ボックスからフィールドを外すと表示形式の設定は解除される

なお、上記の「値フィールドの設定」ダイアログ経由で表示形式を変更した場合、「値」ボックスから該当のフィールドを外すと表示形式の設定は解除されます。

再度「値」ボックスに該当のフィールドを入れても表示形式は元に戻り、表示形式も再設定が必要になるのでご注意ください。

よって、ある程度ピボットテーブルレポートの型が決まったタイミングでまとめて表示形式を設定するようにしましょう。

サンプルファイルで練習しよう!

可能であれば、以下のサンプルファイルをダウンロードして、実際に操作練習をしてみてください。

サンプルファイル_ピボットテーブル_表示形式.xlsx

※サンプルファイルのダウンロードには無料メルマガに登録いただく必要があります。
(上記リンクから登録フォームへ遷移します)

ファイルを開いたら、次の手順を実施してください。(今までの解説のまとめです)

  1. 「値」ボックス内の表示形式を変更したいフィールド名の「▼」をクリック
  2. 「値フィールドの設定」をクリック
  3. 「表示形式」をクリック
  4. 任意の表示形式を設定
  5. OK」をクリック
  6. OK」をクリック

本記事の解説と同じ結果になればOKです!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ピボットテーブルの表示形式の変更も基本中の基本のテクニックです。

細かい部分ではありますが、データに合わせて表示形式を設定した方が、読み手に集計結果を伝えやすくなりますので、しっかりと表示形式を設定していきましょう。

なお、ピボットテーブルの各種テクニックは、私の拙著でも体系的に解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

ピボットテーブルレポート上では集計結果の数値を対象に表示形式を変更する機会が多いです。

よって、今回の桁区切りの他、小数点以下の桁数を揃える、またはパーセンテージ表記にするなどの頻出ケースを優先的に押さえておくと良いですね。

通常のセル範囲の表示形式よりもパターンは少ないですし、入り口が違うだけで設定ルールに違いはないので、ぜひピボットテーブルの表示形式の変更方法をマスターしてくださいね!