【検索が苦手な方向け】Excel(エクセル)の作業プロセス別の主要機能まとめ
AさんAさん

Excelで困った時にネット検索したいのですが、そもそもどういうキーワードで調べれば良いかが分かりません。。
この場合、どうしたら良いですか?

森田森田

そんな場合、自分がそもそもExcelのどの作業プロセスで困っているかをまずは把握してください。
その上で、各プロセスで主要な機能をまとめましたので、順番に解説していきますね。

はじめに

本題に入る前に、この記事がおすすめな方を挙げてみます。

  • Excelの困りごとに対し、ネット検索で調べたいが、検索キーワードが思い浮かばない方
  • Excelの作業プロセスの全体像をしっかり理解したい方
  • Excelの作業プロセス別の主要機能を知りたい方

Excelの作業プロセスとは

Excelの作業プロセスの分け方は公式なものはありませんが、私の考えでは以下5つのプロセスとなります。
もちろん、Excelを表計算ソフトとして使うケースを想定しています。

それぞれのプロセスを順番に解説していきます。

ぜひ、自分自身が困っている作業プロセスがどこか、思い浮かべながらご確認ください。

A:データ収集

「データ収集」とは、集計/分析の元データを集めることです。

大別すると以下の2つに分類できます。

  • データを蓄積するための表を作成し、それにデータを入力していくこと(作表/入力)
  • 既存の表データを集めること(インポート)

詳細は以下の記事をご参照ください。

B:データ整形

「データ整形」とは、集めた元データを集計できる状態に整えることです。

大別すると以下の3つに分類できます。

  • 集めた元データを綺麗にすること(データクレンジング)
  • 集めた元データを一つの表にまとめること(データ結合(転記/追加)
  • 集めた元データを使いやすくすること(レイアウト変更、列の追加/計算)

詳細は以下の記事をご参照ください。

C:データ集計

「データ集計」とは、元データを集計することです。

大別すると以下の2つに分類できます。

  • 元データの表内で集計すること(集計行追加)
  • 別表に元データを集計すること(集計表(レポート)作成)

通常は後者が一般的です。

詳細は以下の記事をご参照ください。

D:データ分析

「データ分析」とは、集計結果に対して可視化や原因特定、将来予測をすることです。

大別すると以下の4つに分類できます。

  • 集計結果を可視化すること(データ可視化)
  • 集計結果の原因を特定すること(多次元分析)
  • 集計結果内や関連データとの関係性を定量化すること(統計分析)
  • 集計結果から将来を予測すること(予測分析)

E:データ共有

「データ共有」とは、集計/分析結果を共有することです。

大別すると以下の3つに分類できます。

  • 集計/分析結果を印刷すること(印刷)
  • 集計/分析結果を別のファイル形式に変換すること(エクスポート)
  • 集計/分析結果を画面共有すること(画面共有)

作業プロセス別の主要なExcel機能とは

続いて、作業プロセス別に有効な主要機能を以下にまとめてみました。

レベル別に図解してみましたので、困っている作業プロセスに有効な機能が何かを確認してみてください。

自分が知らない機能があれば、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
上記難易度はあくまでも目安です。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

Excelを学習する際、だいたいのサイトや書籍でも関数やピボットテーブル等の「機能軸」であることがほとんどです。

詳しく知りたい機能が明確な方は良いですが、そうでない方は自分の困りごとに有効な機能が何かをなかなか調べにくいもの。

なので、ぜひ本記事の図解を有効活用してみてください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

Excelの各種機能はあくまでも課題を解決するための単なる「手段」でしかありません。
原則、機能別に優劣はなく、あくまでも「使いどころ」が重要です。

ぜひ、適材適所に各Excel機能を使い倒しましょう!