【関数】英数カナ文字を全角→半角へ変換できる「ASC」の使い方
AさんAさん

本来、半角で統一する文字データを手入力していくと、たまに英数カナが全角⇔半角で表記がゆれてしまい、いちいち置換などで直すのが面倒です・・・。
こうした場合、もっと楽に修正することができないですかね?

森田森田

その場合は、関数のASCを活用すると良いですよ!
では、ASCの使い方について解説していきますね。

はじめに

この記事は関数の概要を把握していることが前提です。

参考記事

関数の概要とSUMの使い方については以下の記事をご参照ください。

元データを半角英数カナで表記を統一したい場合は「ASC」が有効

手入力するデータは「表記ゆれ」が起きてしまうもの。

表記ゆれとは、人から見れば実質同じデータなのに、PCExcel)から見ると別の表記になってしまっていることを指します。

その一例が、英数カナの全角⇔半角の混在です。

全角⇔半角の表記ゆれがあると、これをキーにした場合の検索や集計ができない、あるいは結果が狂うというリスクがあります。

よって、事前に全角もしくは半角へ表記を統一することが必要です。

こんな場合、関数の「ASC」を使うことで、英数カナ文字を自動的に「半角」へ変換することが可能となります。
ちなみに、ASCは「アスキー」と呼びます。

よって、英数カナ文字を半角で表記を統一したい場合はASCを使用していきましょう。

参考記事

逆に「全角」で表記を統一したい場合は「JIS」を使用してください(詳細は以下の記事を参照)。

ASCの構文

ASCの構文は以下の通りです。

=ASC(文字列)
全角の英数カナ文字(2バイト)を、半角の英数カナ文字(1バイト)に変換します。

引数名 必須 データ型 説明
文字列 文字列 変換対象のセル(値が文字列)を指定します。

文字列に全角文字が含まれない場合は、文字列は変換されません(戻り値=引数「文字列」に指定した値)。

ASCの使用結果イメージ

ASCで半角英数カナへ変換したイメージは以下の通りです。
今回は「商品コード」列を半角へ変換しました。

なお、ASCは原則一つの関数で一つのセルのみが変換対象です。

ベースの数式をセットしたら、他のセルへペーストしましょう。

ASCの数式の挿入手順

上記の結果を得るための手順は以下の通りです。

  1. 関数を挿入するセルを選択
    ※今回はH2セル
  2. =as」と入力
  3. サジェストから「ASC」を選択し、「Tab」キーで確定
  4. 変換対象のセルを選択
    ※今回はC2セル
  5. Enter」キーで確定
  6. 1行目の数式をコピーし、以降のセルへペースト
    ※今回はH3~H21セルへペースト

手順②の際にIMEを半角英数モードにすること。
テーブルの場合、手順⑤は不要(全レコードへ数式が自動的にコピーされる)。

サンプルファイルで練習しよう!

可能であれば、以下のサンプルファイルをダウンロードして、実際に操作練習をしてみてください。

サンプルファイル_ワークシート関数_ASC.xlsx

※サンプルファイルのダウンロードには無料メルマガに登録いただく必要があります。
(上記リンクから登録フォームへ遷移します)

ブックを開いたら、次の手順を実施してください。(今までの解説のまとめです)

  1. 関数を挿入するセルを選択
    ※今回はH2セル
  2. =as」と入力
  3. サジェストから「ASC」を選択し、「Tab」キーで確定
  4. 変換対象のセルを選択
    ※今回はC2セル
  5. Enter」キーで確定
  6. 1行目の数式をコピーし、以降のセルへペースト
    ※今回はH3~H21セルへペースト

本記事の解説と同じ結果になればOKです!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ASCは表記ゆれを修正する際に役立つ関数のうちの一つです。

定期的に同じ表記ゆれを修正する機会があるなら、ぜひ覚えておいた方が良いですね。

なお、ASC以外にもExcelでのデータ整形の各種テクニックを拙著で解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

ASCの使い方自体は単一のセルを指定するのみなので、非常に簡単です。
他の表記ゆれに役立つ関数も大体使い方は同じなので、機能別の関数名をしっかり覚えておきましょう。
なお、ASCJISと表裏一体の関数なので、ぜひJISもセットで覚えてください。