ワークシート上にテキストボックスを挿入する方法

先日iOSアプリ「Microsoft Excel」の図形の大きさ変更・図形を回転する方法について解説しました。

【iPhone/iPadアプリ】「Microsoft Excel」図形の大きさ変更・図形を回転する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回はワークシート上にテキストボックスを挿入する方法について解説していきます。

操作手順

テキストボックス挿入①

  1. 任意の図形を選択
  2. 「A」をタップ

テキストボックス挿入②

「ホーム」タブ内のメニューが表示されます。

3. 「ホーム」をタップ


テキストボックス挿入③

4. 「挿入」タブをタップ


テキストボックス挿入④

「挿入」タブ内のメニューが表示されます。

5. 「テキストボックス」をタップ


テキストボックス挿入⑤

「テキストボックス」のメニューが表示されます。

6. 任意のボックスを選択

選べるメニューは2種類です。

  • 横書きテキストボックス
  • 縦書きテキストボックス

当メニュー内で設定を変更すると、「挿入」タブ内のメニュー(手順5.の画面)へ遷移します。


テキストボックス挿入⑥

ワークシート上テキストボックスが挿入されました!

なお、テキストボックスの各種設定を変えたい場合は、タブを「図形」に切り替えると各種設定変更が可能です。

【参考】テキストボックスのテキスト編集方法

テキストボックス挿入⑦

テキスト編集モードにするには、テキストボックスをダブルタップが必要です。

テキストボックス以外の図形でも同様です。

まとめ

テキストボックスはセルにとらわれずに配置したい文字がある場合に有効です。

表現の幅が広がるので、特にExcel初心者の方は選択肢のひとつとして知っておきましょう。

次回は数式タブ経由で関数を挿入する方法ついて解説する予定です。


Microsoft Excel

Microsoft Excel (無料)
(2014.12.19時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事