AさんAさん

Excelでデータの取り込みを簡単にできる機能ってないですかね?

森田森田

それなら、Power Query(パワークエリ)という機能がおすすめですよ。

使い方について解説していきますね!

はじめに

本題に入る前に、この記事がおすすめな人を挙げてみます。

  • 散らばったデータを集約・マージする作業の頻度が高い人
  • マクロや関数以外の便利機能を知りたい人
  • Excel2010以降のユーザー(Office365含む)

Power Query(パワークエリ)とは

Power Query(パワークエリ)とは、Excel2016以降から標準になった機能のひとつです。

森田森田

Excel2010とExcel2013のユーザーはMicrosoft社のサイトからダウンロードが必要です。
Power Query – 概要と学習|Microsoft

データの取り込みと整形に便利!

Power Query(パワークエリ)は、主に各種データの取り込みやデータの変換(データの加工、列の追加、並べ替え等)を定型化できます。

しかも、マウス操作中心で、マクロ要らずで作業手順を記録できるため、事務処理の時短のハードルも低めなのがうれしいですね!

なお、Power Query(パワークエリ)が効果を発揮する作業は、データを扱う一連のプロセスの中では、以下のとおり「データ収集」「データ整形」が該当します。

本記事では、「データ収集」に特化したテクニックのうち、csvファイルの取得方法について解説していきますね。

csvファイル取得手順

Power Query(パワークエリ)によるcsvファイルの取得は、以下の5ステップとなります。

【STEP1】リボン「データ」タブから「データの取り込み」ダイアログを起動

まずは、リボン「データ」タブをクリック(①)し、「テキストまたはCSVから」をクリック(②)します。

【STEP2】任意のcsvファイルをインポート

「データの取り込み」ダイアログが起動しますので、データの取得元となる任意のcsvファイルを選択(③)し、「インポート」をクリック(④)します。

今回は「商品マスタ.csv」を選択しました。

【STEP3】取り込みデータのプレビュー画面から「Power Queryエディター」を起動

指定したcsvファイルのプレビュー画面が起動します。

取り込んだデータに誤りがないかを確認(⑤)し、問題なければ「データの変換」をクリック(⑥)しましょう。

【STEP4】「Power Queryエディター」を閉じてデータを読み込み

Power Queryエディターが起動します。

まずは、取り込んだデータの各列のデータ型に問題ないかを確認(⑦)しましょう。

問題なければ、「閉じて読み込む」をクリック(⑧)し、「閉じて次を読み込む」をクリック(⑨)すればOKです。

「データ型」とは

データ型とは、「テキスト(文字列)」や「数値」「日付」といったデータの種類のことで、テーブルの1行目の見出し名の左横にあるマークで判断が可能です。

たとえば、今回は、「商品コード」と「商品名」はテキストなので[ABC]というマークがそれぞれの左横にあります。

そして、「単価」は数値なので[123]というマークが左横にありますね。

他にどんなデータ型があるかについては、マーク部分をクリックすると一覧が表示され、任意で変更することが可能ですよ。

もし、違うデータ型が指定されてしまった場合は、こちらで変更しましょう。

【STEP5】「データのインポート」ダイアログでデータの返し先を選択

「データのインポート」ダイアログが起動しますので、データの返し先を指定(⑩)しましょう。

今回は、既存ワークシートのA1セルを起点にデータを返すように設定しました。

設定が完了次第、「OK」ボタンをクリック(⑪)します。

これにて作業は完了です!

ワークシート上にcsvファイルのデータが取り込まれればOK!

無事A1セルを起点にcsvファイルのデータが取り込まれました!

そして、ワークシートの右側に「クエリと接続」ウィンドウが表示され、「商品マスタ」というクエリが生成されました。

ここを見ると、5行のデータが読み込まれたことがわかりますね。

クエリの詳細を知りたい場合は

クエリ作成後に、該当のクエリの情報を知りたい場合は、マウスカーソルを合わせることで詳細情報を確認することが可能です。

確認できるのは、読み込んだ元データの内容と「列」「最終更新時刻」「読み込み状態」「データソース」などですね。

クエリとは

そもそも、「クエリ」という単語が聞きなれない方向けに解説しますが、ざっくりいうとデータベースに対しての命令文(検索、更新、削除、抽出など)のことです。

命令の内容は、Power Queryエディターで設定した通りとなります。

今回の「商品マスタ」クエリを例にすると、「商品マスタ.csvのデータを読み込む」というシンプルなものとなりますね。

クエリの編集や削除を行いたい場合は

もし、クエリの編集や削除を行いたい場合は、該当のクエリ上でマウス右クリックを押しましょう。

すると、メニュー一覧が表示されますので、任意のメニューを選択すればOKです。

サンプルファイルで練習しよう!

可能であれば、以下のサンプルファイルをダウンロードして、実際に操作練習をしてみてください。

PowerQuery_01.zip

※サンプルファイルのダウンロードには無料メルマガに登録いただく必要があります。
(上記リンクから登録フォームへ遷移します)

ファイルを開いたら、次の手順を実施してください。(今までの解説のまとめです)

  1. リボン「データ」タブをクリック
  2. 「テキストまたはCSVから」をクリック
  3. 任意のcsvファイルを選択
  4. 「インポート」をクリック
  5. 取り込んだデータに誤りがないかを確認
  6. (問題なければ)「データの変換」をクリック
  7. 各列のデータ型に問題ないかを確認
  8. (問題なければ)「閉じて読み込む」をクリック
  9. 「閉じて次を読み込む」をクリック
  10. データの返し先を既存ワークシートのA1セル設定
  11. 「OK」ボタンをクリック

本記事の解説と同じ結果になればOKです!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回は、Power Query(パワークエリ)の記事第1弾でした。

まずは、シンプルなcsvファイルの取得方法を学びましたが、取得したデータに任意の列を追加したり、データの抽出や削除などの手順をクエリに追加することも可能ですよ!

Power Query(パワークエリ)は本当に便利な機能なので、これを機会に学んでみてはいかがでしょうか?

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

Power Query(パワークエリ)は本当に多機能です!

まだまだ今後もいろいろな使い方をご紹介していく予定なのでお楽しみに!

The following two tabs change content below.

森田貢士

会社員×エクセル専門家のパラレルワーカー。運営ブログは「Excelを制する者は人生を制す」「パラレルキャリアで生きていく。」など。著書は「すごい! 関数(秀和システム)」の他、エクセル本2冊をKindle出版(KDP)。現在は講師業やコンサル業などの独自サービスを絶賛チャレンジ中。 趣味は娘を愛でること、読書(主にビジネス書・漫画)、ラーメン食べ歩き。

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

Sponsored link