Excelブック内のテーブルやセル範囲のデータを取得する方法[Power Query(パワークエリ)基礎]
AさんAさん

Excelブック内のデータをPower Query(パワークエリ)で整形・加工したいけど、何から始めればいいですかね?

森田森田

その場合、「テーブルまたは範囲から」でデータ取得すると良いですよ!

具体的な手順を解説していきますね。

はじめに

本題に入る前に、この記事がおすすめな方を挙げてみます。

  • 同じブック内の表データ(テーブルまたはセル範囲)を整形・加工をしたい方
  • データ整形・加工が複数工程あり、かつ定期的に同じ作業が必要な方
  • Power Query(パワークエリ)の使い方を習得したい方

前提条件

この記事のテクニックを使うためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ExcelのバージョンはExcel2010以降(Microsoft365含む)が必須
  • Excel2010/2013ユーザーの場合、事前にMicrosoft社公式HPよりPower Query(パワークエリ)のダウンロードが必要(Excel2016以降は標準機能)
  • Power Query(パワークエリ)の概要を理解していること
    →まず、以下の記事で概要を把握することをおすすめします。

データ整形の元データがExcelブック内のテーブルやセル範囲の場合に「テーブルまたは範囲から」のデータ取得が有効

こうしたデータの整形・加工作業が複数工程あり、かつ定期的に発生する業務ならPower Query(パワークエリ)が便利です。

その際、まずは該当データを取得する必要があります。

具体的な手順について確認していきましょう。

テーブルまたはセル範囲のデータ取得手順

Power Query(パワークエリ)によるテーブルまたはセル範囲の取得は、以下の3ステップとなります。

【STEP1】リボン「データ」タブから任意のテーブルをインポート

まずは、整形対象の表のいずれかのセルを選択(①)したら、リボン「データ」タブをクリック(②)し、「テーブルまたは範囲から」をクリック(③)します。

【参考】リボン経由でなく右クリックメニューでもOK!

手順①~③はリボン経由がオーソドックスですが、右クリックメニューにもデータ取得用のコマンドが用意されています。

こちらの方法でデータ取得を進めていただいても問題ないですよ!

【参考】指定した表がテーブル以外の場合

指定した表がテーブルでない場合、「テーブルの作成」ダイアログが起動し、自動的にテーブルに変換されます。

その際、先頭行を見出しとするかどうか、チェックボックスで指定することが可能です。

なお、指定した表がすでにテーブルの場合は、このダイアログは起動しません。

【STEP2】「Power Queryエディター」を閉じてデータを読み込み

Power Queryエディターが起動します。

まずは、任意のクエリの名前を入力(④)の上、取り込んだデータの各列のデータ型に問題ないかを確認(⑤)しましょう。

データ整形・加工を行いたい方は、ここで任意の作業を順次設定してくださいね。

問題なければ、「閉じて読み込む」をクリック(⑥)し、「閉じて次を読み込む」をクリック(⑦)すればOKです。

【STEP3】「データのインポート」ダイアログでデータの表示方法を選択

「データのインポート」ダイアログが起動しますので、データの表示方法を指定します。

今回はすでにワークシート上に同じテーブルが存在しているため、「接続の作成のみ」を選択(⑧)しています。

選択次第、「OK」ボタンをクリック(⑨)します。

これにて作業は完了です!

【参考】「接続の作成のみ」にした場合のデータの状態

取得したデータがExcelブック内部に保持されている状態です。

あとで、任意のタイミングで任意のシートへテーブルとして出力することも可能ですよ。

「クエリと接続」ウィンドウ上にクエリが作成できていればOK!

ワークシートの右側に「クエリと接続」ウィンドウが表示されます。

そのウィンドウ上に「商品マスタ」というクエリが作成されていることがわかりますね。

なお、今回は「接続の作成のみ」にしたため、クエリ名の下に「接続専用」と表示されています。

サンプルファイルで練習しよう!

可能であれば、以下のサンプルファイルをダウンロードして、実際に操作練習をしてみてください。

サンプルファイル_PowerQueryデータ取得_テーブルまたは範囲から.xlsx

※サンプルファイルのダウンロードには無料メルマガに登録いただく必要があります。
(上記リンクから登録フォームへ遷移します)

ファイルを開いたら、次の手順を実施してください。(今までの解説のまとめです)

  1. 整形対象の表のいずれかのセルを選択
  2. リボン「データ」タブをクリック
  3. 「テーブルまたは範囲から」をクリック
  4. 任意のクエリ名を入力
  5. 各列のデータ型に問題ないかを確認
  6. (問題なければ)「閉じて読み込む」をクリック
  7. 「閉じて次を読み込む」をクリック
  8. データの表示方法を「接続の作成のみ」を選択
  9. 「OK」ボタンをクリック

本記事の解説と同じ結果になればOKです!

動画の解説もどうぞ!

上記の内容を動画でも解説しています。

文字だけではわかりにくかった方は動画を参考にしてくださいね。

もし、参考になった方はチャンネル登録ならびに高評価をよろしくお願いいたします!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

本テクニックはPower Query(パワークエリ)の基本中の基本です。

ここで取得したデータに対し、列の追加やデータの変換など、さまざまなデータ整形・加工を行っていくことになります。

Power Query(パワークエリ)をしっかり習得したい方は、まずはここから習得してみてくださいね。

なお、Power Query(パワークエリ)の各種テクニックは、私の拙著でも体系的に解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

Power Query(パワークエリ)は通常のワークシートとは操作感は異なるため、慣れるまで時間はかかります。

しかし、マクロ(VBA)を使わずに、マウス操作中心で複数作業を記録させ、定型業務を自動化できる優れた機能です。

ぜひ、基本テクニックを学び、実務へ役立ててくださいね!