図形などのオブジェクトをマウスだけで他のオブジェクトの位置に合わせて配置する方法

先日図形などのオブジェクトをマウスだけで枠線に合わせて配置する方法について解説しました。

図形などのオブジェクトをマウスだけで枠線に合わせて配置する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

オブジェクトの位置を枠線に合わせる以外にも、他の図形などのオブジェクトの位置にも合わせるように設定することができます。

今回は図形などのオブジェクトをマウスだけで他のオブジェクトの位置に合わせて配置する方法について解説していきます。

操作手順

図形に位置を合わせる①

  1. 「ページレイアウト」タブをクリック
  2. 「配置」をクリック
  3. 「図形の位置に合わせる」をクリック

1.は描画ツール「書式」タブでもOKです。(下記参照)


図形に位置を合わせる②

4. 対象のオブジェクトを選択
5. 任意の場所へ移動(ドラッグ)

5.は移動させるたびにオブジェクトの4隅のいずれかがセルの枠線か図形の他のオブジェクトの4隅のいずれかにぴったり吸い付くように合います。

【参考】「図形の位置に合わせる」がONになっている場合の表記

図形に位置を合わせる③

上記の設定をすると、「枠線に合わせる」と「図形の位置に合わせる」のボタンに薄い囲みが入ります。

これが「枠線に合わせる」と「図形の位置に合わせる」機能がONになっていることを示します。

いったんこの機能を解除したい場合は、もう一度このボタンをクリックすると「図形の位置に合わせる」がOFFになり、「枠線に合わせる」はONのままになります。

「枠線に合わせる」ボタンをクリックすると、2つの機能をまとめてOFFにすることができます。

状況に合わせて使い分けましょう。

【参考】描画ツール「書式」タブで経由でも同一メニューあり

図形に位置を合わせる④

オブジェクトを選択するとリボンに表示される描画ツール「書式」タブでも「ページレイアウト」タブと同様に「配置」グループがあります。

こちら経由で「図形の位置に合わせる」機能を使っても同一の効果が得られます。

まとめ

上記テクニックは、枠線にも他の図形の位置にもマウスだけで合わせることができます。

手軽に体裁を整えながら図形などのオブジェクトをどんどん追加することができますので、フロー図などのオブジェクトを複数組み合わせる資料を作成する際に大活躍するテクニックです。

参考になれば幸いです(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事