ピボットテーブルの空白セルへ任意の値を表示する方法 [ピボットテーブル基礎]
AさんAさん

ピボットテーブル内に空白のセルが表示される場合がありますが、これを「0」の表示にしたいです。

この場合、どうすれば良いですか?

森田森田

ピボットテーブルの空白セルとなる場合に表示する値は「ピボットテーブルオプション」ダイアログで設定することが可能です!

では、詳細を解説していきますね。

はじめに

本題に入る前に、この記事がおすすめな方を挙げてみます。

  • Excelでデータの集計・分析作業を行うことが多い方
  • ピボットテーブルを実務で使う機会がある方
  • ピボットテーブルの空白セルを任意の値へ変更したい方

前提条件

この記事はピボットテーブルの概要を理解していることが前提です。
→まず、以下の記事で概要を把握することをおすすめします。

ピボットテーブルレポートは計算対象がない場合、空白セルで表示される

ピボットテーブルレポートは計算対象となるデータがない場合、空白セルで表示される設定となっています。

たとえば、以下のようにクロス集計表などの2つ以上の集計条件がある場合、発生しやすいです。

ピボットテーブルレポート単体で使う分には、空白セルで表示されても問題ないことが多いです。

ただ、このレポートから更に集計などの作業を行いたい際に、何かしらの値が入っていた方が良いケースがあります。

この場合、「ピボットテーブルオプション」ダイアログで「空白セルに表示する値」を設定することが可能です。

では、ピボットテーブルの「空白セルに表示する値」の設定手順を確認していきましょう。

ピボットテーブルの「空白セルに表示する値」の設定手順

今回の前提として、すでにピボットテーブルの集計条件がセットされた状態からスタートします。

ピボットテーブルの「空白セルに表示する値」は、以下の2ステップとなります。

STEP1】「ピボットテーブルオプション」ダイアログを起動

まず、ピボットテーブルレポートのいずれかのセル上で右クリック(①)し、「ピボットテーブルオプション」をクリック(②)します。

STEP2】「空白セルに表示する値」を設定

「ピボットテーブルオプション」ダイアログが起動します。

ダイアログ下部にある「空白セルに表示する値」のボックスへ任意の値を入力(③)し、OK」をクリック(④)すれば完了です。

今回は手順③で「0」を入力しました。

空白セルが「0」で表示されていればOK

今回は空白セルだった部分が「0」で表示されるようにできました!

サンプルファイルで練習しよう!

可能であれば、以下のサンプルファイルをダウンロードして、実際に操作練習をしてみてください。

サンプルファイル_ピボットテーブル_空白セル.xlsx

※サンプルファイルのダウンロードには無料メルマガに登録いただく必要があります。
(上記リンクから登録フォームへ遷移します)

ファイルを開いたら、次の手順を実施してください。(今までの解説のまとめです)

  1. ピボットテーブルレポートのいずれかのセル上で右クリック
  2. 「ピボットテーブルオプション」をクリック
  3. 「空白セルに表示する値」のボックスへ任意の値を入力
  4. OK」をクリック

本記事の解説と同じ結果になればOKです!

動画の解説もどうぞ!

上記の内容を動画でも解説しています。

文字だけではわかりにくかった方は動画を参考にしてくださいね。

コメント欄にタイムコードを用意しました。
時間の部分をクリックすることで「空白セルの表示」の解説へジャンプできますよ!

もし、参考になった方はチャンネル登録ならびに高評価をよろしくお願いいたします!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

「ピボットテーブルオプション」ダイアログはピボットテーブルレポートの細かい設定ができて便利です。

全部の設定を覚える必要はないですが、本記事のテクニックや「更新時の列幅の自動調整」は覚えておくと良いですね。

なお、ピボットテーブルの各種テクニックは、私の拙著でも体系的に解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

ピボットテーブルで「あれ設定できないかな?」と思った場合、ひとまず「ピボットテーブルオプション」ダイアログやリボン(「ピボットテーブル分析」タブ、「デザイン」タブ)などを見てみると良いですね。

そして、各コマンドや設定についての詳細をGoogleなどで調べれば、たいていのことは解決すると思います。

いきなり検索するよりも、解決までの時間を短縮できますので、ぜひお試しください。