関数エラーを非表示にしたいExcel2010ユーザーはIF関数とISERROR関数の合せ技よりもIFERROR関数を活用しよう!

前回IF関数とISERROR関数を組み合わせて、そんな関数エラーを表示させないようにする方法について解説しました。

IF関数とISERROR関数を組み合わせてワークシートの関数エラーを表示させない方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回は、IF関数とISERROR関の組み合わせとまったく同じ効果を持ち、よりシンプルな数式で良いIFERROR関数について解説していきたいと思います(・∀・)

IFERROR関数でエラーを表示させないように設定する方法

IFERROR関数は、エラーとなった場合にどう表示したら良いかを設定しておくことができます。

IFERROR関数

IFERROR関数は式がエラーの場合はエラーの場合の値を返し、エラーでない場合は式の値自体を返す関数です。
【関数の構成】IFERROR(値,エラーの場合の値)

サンプル前提条件

IF関数とISERROR関数を組み合わせてワークシートの関数エラーを表示させない方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

上記記事とまったく同じ例題です。

使用例

IFERROR関数活用①

C列はIFERROR関数の[値]として、VLOOKUP関数を設定し、[エラーの場合の値]は””[ブランク]にします。

これでB列が未入力状態でもC列がブランクに表示されます。

IFERROR関数活用②

D列はIFERROR関数の[値]として、C列×D列を設定し、[エラーの場合の値]は””[ブランク]にします。

これでB列が未入力状態でもD列もブランクに表示されます。

IFERROR関数活用③

[Ctrl]+[Shift]+@でセル内の数式を表示すると上図の通りになります。

Excelで数式をワークシートに表示するショートカットキー( [Ctrl]+[Shift]+@) | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

ちなみに前回の数式は下図の通りです。

IF関数+ISERROR関数組み合わせ⑦

比較すると、かなり数式が短くなったと思います。

ちなみに、具体的にこれだけ短くなってます。

  • C列(VLOOKUP関数側):31文字
  • E列(乗算側):12文字

けっこう馬鹿にできない分量だと思います(>_<)

注意点

IFERROR関数がうまく動かない時は次のポイントを注視してみましょう。

  • IFERROR関数の”)”[かっことじ]が抜けている
  • IFERROR関数の[エラーでない場合の値]の後に”,”[カンマ」が入っている
  • IFERROR関数内の[値]と[エラーでない場合の値]の間の”,”[カンマ」が抜けている、または多い
  • IFEEROR関数内に他の関数を入れる場合は、その関数の”,”[カンマ」や()[かっこ]が抜けている、または多い

他の関数と組み合わせる場合は、数式の入力ミスを防ぐためにも、、その関数が思う通りに動作するかを確認した上で、IFERROR関数を加筆するようにすると、不要なチェックが減りますよ(・∀・)

IFERROR関数はExcel2007から追加された新しい関数となります。
IFERROR関数が入ったブックはExcel2003以前のバージョンで開くと該当セルはエラー値となりますのでご注意下さい。

まとめ

私も最初はIFERROR関数に戸惑いましたが、基本的な考え方はIF関数とISERROR関数といっしょなのですぐに応用できるようになりました。

まだ使ったことがない方は文字数が明らかに減って効率的な数式を記述することができるので、効率アップすること請け合いです♪

なお、Excelにはほかにもエラー値を表示させないようにする関数が存在しますので、そちらも次回以降にご紹介できればと思います(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう