IF関数とAND関数で複数条件(~かつ)を設定する方法

前回IF関数に関して、基本構成や条件を複数分岐する場合の考え方などに触れました。

フローチャートで理解するIF関数の条件分岐 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回は、IF関数とAND関数と組み合わせて複数条件(~かつ)を論理式に設定する方法について解説していきたいと思います(・∀・)

AND関数で論理式を2つ以上の条件を設定する方法

IF関数の論理式をAND関数を用いて、2つ以上の条件が両方とも真(TRUE)の場合にはじめて条件を満たすことになります。

AND関数は、すべての引数(条件)がTRUEの場合にTRUEを返す関数です。
【関数の構成】AND(論理式1,論理式2,)

AND関数は論理式を2つ以上設定できます。

つまり、AND(A,B)とあれば、AかつBで条件全体がTRUEとなります。
(要はAとBという質問に対して両方ともYESであれば条件を満たしたということ)

サンプル前提条件

  • C列の学科、D列の実技の両方が70点以上で合格
    (AND関数でC・D列それぞれ論理式設定、基準となる”70″は数式内に直接入力)
  • [真の場合]は”合格”を数式内に直接入力
  • [偽の場合]は”不合格”を数式内に直接入力

70点の合格基準に可変性を持たせたい場合は、合格基準点を入力するセルを用意し、数式の条件を設定する際にそのセルを指定(参照)すると良いです♪

IF関数とAND関す組み合わせ①

注意点

あくまでもIF関数内の[論理式]の部分がAND関数となることを意識すると理解しやすいです。

うまく関数が動かない時は次のポイントを注視してみましょう。

  • AND関数の”)”[かっことじ]が抜けている
  • AND関数の”)”[かっことじ]の後にIF関数の[論理式]の後の”,”[カンマ」が抜けている
  • AND関数内の[論理式1]と[論理式2]の間の”,”[カンマ」が抜けている
  • IF関数の”,”[カンマ」が多い
  • IF関数の[偽の場合]の後に”,”[カンマ」と文字列やセル番地が入力されている
  • IF関数・AND関数の[論理式]の””[ダブルクォーテーション]が抜けている
  • IF関数・AND関数の[論理式]の等号・不等号が抜けている、入力誤り(=>など、”=”[イコール]が先に入っているなど)

【おすすめ】「合否」が”不合格”の場合に条件付き書式を設定して色分けを行なう

こちらはプラスアルファの部分になります。
「合否」が”不合格”の場合に色付けを行なう設定をしておくと、表として分かりやすくなります。

IF関数とAND関す組み合わせ②

IF関数とAND関す組み合わせ③

  1. 「ホーム」タブをクリック
  2. 「条件付き書式」をクリック
  3. 「セルの強調表示ルール」をクリック
  4. 「指定の値に等しい」をクリック
  5. 「次の値に等しいセルを書式設定」に任意の値を直接入力するか、対象セルを選択
  6. 条件に合致した場合の書式を任意で設定
  7. 「OK」をクリック

上記は基本的な条件付き書式の設定方法です。
同じように特定のフラグに色付けする方法は下記の記事でもご紹介しているのでご参照ください♪

条件付き書式活用テクニックその2【フラグを基準に色付け】 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

まとめ

IF関数はAND関数と組み合わせることで高度な条件を設定することができました。
次回以降、同じく複数条件を設定するためのIF関数とOR関数の組み合わせを行なう方法について記事にしていきたいと思います。

なお、今回のように関数の組み合わせを行なう場合、”()”[かっこ]や”,”[カンマ」が多くなって混乱しやすくなりますが、そんな時こそ落ち着いて1つ1つの関数として構成要素に過不足がないか、入力間違いがないかをチェックしましょう。

すんなりいかない場合でも、何度か試してみると必ずうまく動くはずです。

苦労した分、うまく動作したときの爽快感は仕事の中でも小さな充実感・達成感を味わえるのが個人的にはお気に入りです(^O^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう