表の数値の列から割り算の余りの数を計算する方法(剰余)[Power Query(パワークエリ)基礎]
AさんAさん

表の各レコードが奇数行か偶数行かを判定したいですけど、パワークエリでも実行できますか?

森田森田

その場合、Power Query「剰余」というコマンドが有効ですよ!

具体的な使い方について解説していきますね。

はじめに

本題に入る前に、この記事がおすすめな方を挙げてみます。

  • 元データの表の各レコードに奇数や偶数等の繰り返しの数値を付与したい方
  • データ整形・加工の工程が複数あり、かつその作業が定期的に発生する方
  • Power Query(パワークエリ)の使い方を習得したい方

前提条件

この記事のテクニックを使うためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ExcelのバージョンはExcel2010以降(Microsoft365含む)が必須
  • Excel2010/2013ユーザーの場合、事前にMicrosoft社公式HPよりPower Query(パワークエリ)のダウンロードが必要(Excel2016以降は標準機能)
  • Power Query(パワークエリ)の概要および「インデックス列」コマンドを理解していること
    →まず、以下の記事で概要および「インデックス列」コマンドの内容を把握することをおすすめします。

表の各レコードに奇数や偶数等の規則性のある数値を付与したい場合に「剰余」が有効

データ整形を行う際、本来1レコードに相当するデータが複数行になっている表を元データとして扱うケースもあります。

そんな場合、「インデックス列」コマンドで割り当てた通し番号に対して「剰余」コマンドを活用することで、任意の数値で除算(割り算)した剰余(余りの数)を求めることが可能です。

これで各レコードが何行目かを判定することが可能です。

ちなみに、Excelワークシート上で何行目かを判定する方法は以下の2パターンあります。

  1. 1パターン(奇数・偶数なら最初の12行目に「1」・「0」)入力し、オートフィル機能で全レコードへコピペする
  2. ROWMOD関数を利用する

ただし、他のデータ整形作業とセットで行うなら、Power Query(パワークエリ)で行った方が、一連の作業手順を記録できて自動化できますよ!

では、Power Query(パワークエリ)での剰余の計算手順を確認していきましょう。

Power Query(パワークエリ)での剰余の計算手順

今回の前提として、剰余の計算を行う対象テーブルはブック内にあり、事前にPower Queryエディターに取り込んでいる状態からスタートするとします。(ブック内のデータ取得について復習したい方は下記記事を参照)

今回は奇数行なら「1」、偶数行なら「0という条件を例に解説していきます。

剰余の計算は以下の2ステップとなります。

STEP1】リボン「変換」タブから「剰余」をクリック

まずは計算対象の列を選択(①)したら、リボンの「変換」タブをクリック(②)します。

次に「標準」をクリック(③)し、その中の「剰余」をクリック(④)してください。

手順①で選択する列のデータ型が数値でないと手順③以降は非活性となります。

STEP2】「剰余」ダイアログで除算する数値を指定

「剰余」ダイアログが起動します。

ダイアログ内へ除算したい数値を入力(⑤)したら、OK」ボタンをクリック(すれば完了です。

ちなみに、手順⑤は何通りの番号を求めたいかで考えると分かりやすいです。

今回は奇数・偶数の2パターンなので「2」を入力しています。

剰余の計算が確認できたらOK

「プレビュー」ウィンドウを見ると、無事表の右端の「インデックス」列が奇数行なら「1」、偶数行なら「0」に計算されていますのでOKですね!

あとは、この「1」・「0」に対してフィルター等の必要な処理を行った上で、任意の方法でデータを出力すれば完了です。

【参考】剰余の計算結果を別の列に表示することも可能!

リボン「変換」タブの「剰余」コマンドでは、選択した列を上書きしてしまう仕様ですが、別の列に剰余の計算結果を表示したい場合もあると思います。

その場合は、リボン「列の追加」タブの「剰余」コマンドを使いましょう。

上記の手順②をリボン「列の追加」タブに置き換えるだけで、他の手順はまったく同じです。

ケースバイケースで使い分けてくださいね。

【参考】剰余の内容を変更したい場合は

もし、剰余の内容をあとで変更したい場合は、「クエリの設定」ウィンドウの任意のステップをダブルクリック、もしくは歯車マークをクリックしましょう。

すると、「剰余」ダイアログが起動するため、除算する数値を任意の値に直して、再度「OK」ボタンをクリックすれば良いですね。

サンプルファイルで練習しよう!

可能であれば、以下のサンプルファイルをダウンロードして、実際に操作練習をしてみてください。

サンプルファイル_PowerQueryデータ整形_剰余.xlsx

※サンプルファイルのダウンロードには無料メルマガに登録いただく必要があります。
(上記リンクから登録フォームへ遷移します)

ファイルを開いたら、「入れ替え」を行う前に、Power Queryエディターを起動させてくださいね。
ブック起動時、「セキュリティの警告」メッセージが表示された場合は「コンテンツの有効化」をクリックしてください。

  1. リボン「データ」タブをクリック
  2. 「クエリと接続」をクリック
  3. 「商品マスタ」クエリをダブルクリック

ここまで準備ができたら、次の手順を実施してください。(今までの解説のまとめです)

  1. 計算対象の列を選択
  2. リボン「変換」タブをクリック
  3. 「標準」をクリック
  4. 「剰余」をクリック
  5. 除算したい数値を入力
  6. OK」をクリック

本記事の解説と同じ結果になればOKです!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

「剰余」はPower Query(パワークエリ)では基本操作のひとつです。

複雑な元データを整形する際、「インデックス列」とセットで使うことが多いため、ぜひセットで覚えましょう。

なお、Power Query(パワークエリ)の各種テクニックは、私の拙著でも体系的に解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

職業によるかもですが、Excelでシンプルに剰余を求めるケースの方は少ない印象です。

それよりは、今回のように奇数・偶数の判定等で「剰余」を利用するシーンはけっこうあります。

コマンド自体は比較的簡単なので、早めに覚えておきましょう。