表で縦方向にまとめられたデータを表の横軸へ自動的にレイアウト変更する方法(列のピボット)[Power Query(パワークエリ)基礎]
AさんAさん

残業管理をしている表で、残業時間の「予実」が縦方向にまとまっているんですが、これを「予定」と「実績」で横に並べたいですが、何か良い方法ありますか?

森田森田

その場合、Power Query「列のピボット」というコマンドが有効ですよ!

具体的な使い方について解説していきますね。

はじめに

本題に入る前に、この記事がおすすめな方を挙げてみます。

  • 元データの表レイアウトの一部分を縦軸→横軸へ変更したい方
  • データ整形・加工の工程が複数あり、かつその作業が定期的に発生する方
  • Power Query(パワークエリ)の使い方を習得したい方

前提条件

この記事のテクニックを使うためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ExcelのバージョンはExcel2010以降(Microsoft365含む)が必須
  • Excel2010/2013ユーザーの場合、事前にMicrosoft社公式HPよりPower Query(パワークエリ)のダウンロードが必要(Excel2016以降は標準機能)
  • Power Query(パワークエリ)の概要を理解していること
    →まず、以下の記事で概要を把握することをおすすめします。

「列のピボット」は表レイアウトの一部を縦軸→横軸へ変更するのに有効

「列のピボット」は文章だけの説明ではイメージしきれないかもしれませんが、次のように表レイアウトを変更することが可能な機能です。

これを活用すると、表の縦軸でまとめられたデータを横軸(複数列)に展開することが可能です。

列を横に並べて、差異や比率を計算したい場合に便利な機能ですね。

従来のワークシートでは、ピボットテーブルで別表を作成すれば同じようなことはできますが、自動化まではできません。

こうした表レイアウトの変更を自動化したいなら、今まではVBAしかありませんでした。

しかし、Power Query(パワークエリ)なら、VBAを使わずにこうした表レイアウトの変更も自動化できます。

しかも、他のデータの整形・加工作業が複数工程あるなら、なおさら便利ですよ!

では、Power Query(パワークエリ)での「列のピボット」の手順を確認していきましょう。

Power Query(パワークエリ)での「列のピボット」の手順

今回の前提として、「列のピボット」を行う対象テーブルはブック内にあり、事前にPower Queryエディターに取り込んでいる状態からスタートするとします。(ブック内のデータ取得について復習したい方は下記記事を参照)

「列のピボット」は以下の2ステップとなります。

STEP1】リボン「変換」タブから「列のピボット」をクリック

まず、新たな横軸の列名と値にしたい列を選択(①)します。

これは、通常のワークシート上の操作と同じ感覚で問題ありません。

続いて、「変換」タブをクリック(②)し、「列のピボット」をクリック(③)してください。

手順①で複数列を選択する際のポイント

手順①で複数列を選択する際、Shift」キーを押しながら矢印キー(「→」or「←」キー)で選択範囲を広げることが可能です。

もしくは、起点となる列を選択後、「Shift」キーを押しながら終点の列見出しをクリックすると、起点から終点の範囲の全列を選択状態にできます。

基本は最初の方法が操作速度は速いですが、操作時の手の状態に応じて使い分けてください。

STEP2】「列のピボット」ダイアログ

「列のピボット」ダイアログが起動します。

まず、新たな横軸の列名と値にしたい内容となっているか確認(④)し、問題なければOK」をクリック(⑤)して完了です。

「プレビュー」ウィンドウ上で「列のピボット」が確認できたらOK

「プレビュー」ウィンドウを見ると、無事設定どおりに選択した列が横軸として展開されていますね!

あとは、その他の処理を行い、任意の方法でデータを出力すれば完了です。

【参考】「列のピボット」の内容を変更したい場合は

もし、あとで「列のピボット」の条件を変更したい場合は、「クエリの設定」ウィンドウの任意のステップを一旦「×」で削除し、改めて「列のピボット」を行えばOKです。

サンプルファイルで練習しよう!

可能であれば、以下のサンプルファイルをダウンロードして、実際に操作練習をしてみてください。

サンプルファイル_PowerQueryデータ整形_列のピボット.xlsx

※サンプルファイルのダウンロードには無料メルマガに登録いただく必要があります。
(上記リンクから登録フォームへ遷移します)

ファイルを開いたら、「列のピボット」を行う前に、Power Queryエディターを起動させてくださいね。
ブック起動時、「セキュリティの警告」メッセージが表示された場合は「コンテンツの有効化」をクリックしてください。

  1. リボン「データ」タブをクリック
  2. 「クエリと接続」をクリック
  3. 「残業予実管理(列のピボット)」クエリをダブルクリック

ここまで準備ができたら、次の手順を実施してください。(今までの解説のまとめです)

  1. 新たな横軸の列名と値にしたい列を選択
  2. 「変換」タブをクリック
  3. 「列のピボット」をクリック
  4. 新たな横軸の列名と値にしたい内容となっているか確認
  5. OK」をクリック

本記事の解説と同じ結果になればOKです!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

「列のピボット」はPower Query(パワークエリ)ならではの機能です。

集計の元データが表レイアウト的に扱いにくい場合でも、レイアウト変更を自動化できるのが便利ですね。

別記事の「列のピボット解除」とセットで覚えておくことをおすすめします。

なお、Power Query(パワークエリ)の各種テクニックは、私の拙著でも体系的に解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

「列のピボット」はピボットテーブルみたいなことを自動化できるので、覚えておくと便利です。

表レイアウトの自動化が実務で必要な方は、ぜひPower Query(パワークエリ)にチャレンジしてみてくださいね。