ファイルのプロパティを確認する方法

先日iOSアプリ「Microsoft Excel」のローカル(iPhone内)に保存したファイルをクラウド(OneDrive)へ移動する方法について解説しました。

【iPhone/iPadアプリ】「Microsoft Excel」ローカル(iPhone内)に保存したファイルをクラウド(OneDrive)へ移動する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回はファイルのプロパティを確認する方法について解説していきます。

操作手順

ファイルプロパティ確認方法①

  1. 該当ファイルの保存場所を開く
  2. ファイル名の右横のマークをタップ

1.は今回は「開く」経由でファイルの保存場所まで行きましたが、該当ファイルが直近で使用しているのであれば「最近の項目」経由でも可能です。


ファイルプロパティ確認方法②

ファイルの各種設定ができるメニューが表示されます。

3. 「プロパティ」をタップ


ファイルプロパティ確認方法③

ファイルのプロパティが確認できます。

確認できる項目は以下の9項目です。

  • ファイル名
  • 場所
  • 種類
  • サイズ
  • 作成者
  • 作成日時
  • 更新日時
  • 変更者
  • 会社

まとめ

ファイルの詳細情報を確認する上ではプロパティを確認することは必須となります。

また、外部へファイルを共有や送信するにあたって、不要な情報が入っていないか確認する際にも必要な知識となりますね。

次回はワークシートの表示倍率の拡大・縮小の方法について解説する予定です。


Microsoft Excel

Microsoft Excel (無料)
(2014.12.19時点)
posted with ポチレバ
The following two tabs change content below.

森田貢士

会社員×エクセル専門家のパラレルワーカー。運営ブログは「Excelを制する者は人生を制す」「パラレルキャリアで生きていく。」など。著書は「すごい! 関数(秀和システム)」の他、エクセル本2冊をKindle出版(KDP)。現在は講師業やコンサル業などの独自サービスを絶賛チャレンジ中。 趣味は娘を愛でること、読書(主にビジネス書・漫画)、ラーメン食べ歩き。

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

Sponsored link