セルのサイズに関わらず任意の表を「図」で貼り付けする方法

セルのサイズに関わらず任意の表を「図」で貼り付けする方法

皆さんExcelのワークシートの列や行の幅の問題で追加したい表の幅がバラバラで困ったことや違和感を感じたことはありませんか?

特に客先に出す書類などはちょっとしたレイアウトにも気を配りたいもの。

そんな時に活躍するのが「図」として貼り付けを行う方法。

今回はセルのサイズに関わらず任意の表を「図」で貼り付けする方法について解説していきます。

事象

図として貼り付け①

たとえば、上記のように請求書の中に申請者・承認者などの捺印欄を追加したいとします。

その場合、既存のレイアウトによっては上記サンプルのように列幅にばらつきがあり、捺印欄のサイズが異なり不格好なイメージに。。

こんな時は、ひとつの解決策として以下のテクニックが有効です。

解決策

図として貼り付け②

1. 任意の表を作成
2. 1.をコピー

1.はまったく関係ない場所(別シートなど)に作成すると良いです。


図として貼り付け③

3. 「ホーム」タブをクリック
4. 「貼り付け」をクリック
5. 「図」をクリック
6. 5.でできた図を任意の場所へ移動


図として貼り付け④

無事上記のように列幅がそろった表を図として差し込みできました!

まとめ

今回のテクニックはあくまでもデータ上で更新が必要のない表にとって有効です。(たとえばプリントアウトが前提のものなど)

数値などを随時更新する表などであれば都度貼り付け直す必要が生じるので、別のテクニックに切り替えを行うなど必要に応じて使い分けましょう。(数値を随時更新する場合のテクニックは後日解説予定です)

ご参考になれば幸いです(*^^*)