【iPhone/iPadアプリ】「Microsoft Excel」とPC版の相違点(開発タブ)

iOSアプリ「Microsoft Excel」とPC版の相違点(開発タブ)

iOSアプリ「Microsoft Excel」について各種操作方法を解説してきました。

ここでいったん本アプリとPC版との相違点についてまとめていきたいと思います。

ただ、PC版はかなり機能が多いため、リボンのタブのレベルで1記事ずつまとめていきます。

PC版は最新のExcel2013のメニュー表記となります。

今回はiOSアプリ「Microsoft Excel」とPC版の相違点(開発タブ)について解説していきます。

リボン「開発」タブ

PC版のタブ配下のグループ単位で配置されたメニューに対して、本アプリが対応しているかを○×評価しています。

コード

メニュー iOSアプリ対応
Visual Basic ×
マクロの表示 ×
マクロの記録 ×
相対参照で記録 ×
マクロのセキュリティ ×
対応機能の関連ページ

なし

アドイン

メニュー iOSアプリ対応
アドイン ×
COMアドイン ×
対応機能の関連ページ

なし

コントロール

メニュー iOSアプリ対応
コントロールの挿入 ×
デザインモード ×
コントロールのプロパティ ×
コードの表示 ×
ダイアログボックスの実行 ×
対応機能の関連ページ

なし

XML

メニュー iOSアプリ対応
ソース ×
対応付けのプロパティ ×
拡張パック ×
XMLデータの更新 ×
XMLデータのインポート ×
XMLデータのエクスポート ×
対応機能の関連ページ

なし

変更

メニュー iOSアプリ対応
ドキュメントパネル ×
対応機能の関連ページ

なし

まとめ

開発タブのメニューは本アプリは一切対応してません!

マクロやVBA関係についてはあくまでもPC版のみですね(´・ω・`)

次回はiOSアプリ「Microsoft Excel」とPC版の相違点(テーブルツール)について解説する予定です。


Microsoft Excel

Microsoft Excel (無料)
(2014.12.19時点)
posted with ポチレバ