a1050_000041

MOS試験は仕事ですぐに勉強したことを生かせる資格です。
しかし、あなたの人生やキャリアプランに本当に必要なのでしょうか?いっしょに考えてみましょう。

Sponsored link

MOS試験は何のために受験するのか?(合格したいのか?)

最も重要なのは、「MOS試験を受験する理由・目的」、「合格したい動機」を明確にすることです。

ダイエットでいえば痩せること自体が目的ではないはずです。
必ず痩せることによって得られる「何か」があるからダイエットに励むわけです。

  • 痩せて好きな人を振り向かせる!
  • 好きな洋服を着る!
  • 太った自分をバカにした人たちを見返す!
  • メタボで病気になるのが怖い・・・

などなど、理由や目的があるからこそ、実際に行動しようとみんながんばれるのです。

MOS試験も一緒ですよね(・∀・)
当ブログはとりわけエクセルに特化していますが、MOS試験を受験して合格すること自体が目的ではないはずです。

  • 希望の会社に就職・転職したい
  • 社内の評価を上げたい
  • 自分のエクセルスキルの現在値を知りたい
  • エクセルを覚えて少しでも仕事の生産性を高めたい

などが一般的な理由になるでしょうか(・∀・)

理由は立派なものである必要がないですが、「自分」として腑に落ちる内容で明確にすることが何より重要です。

目的が不明確だと・・・

あなたの大事なコストが失われる可能性が高いです。コストとはお金と時間です。

目的が不明確だと、受験を行うためのモチベーションを保ちにくくなります。
モチベーションが下がると、勉強の能率が落ちたり、勉強をサボったり、もっとも最悪なケースとしては不合格になってしまう可能性があります。

MOSは受験料も1万円以上しますし、勉強も独学以外であれば受験対策だけでも数万円かかってしまいます。

また、必要な勉強時間は人それぞれといえども、比較的少ない方の私でもスペシャリストとエキスパートの2つの試験で30時間(丸一日以上!)ほど捻出しています。(単純計算で1試験あたり15時間前後)

いずれにしても、致命的なものでないですがリアルに損害があるわけです(^_^;)

なので、繰り返しになりますが、MOSを受験する目的、そしてエクセルを学ぶ目的を明確にしましょう。

そうすれば、勉強の能率が高まるだけでなく、目的の内容によってはMOSを受験して合格することだけにとらわれずに、別の手段で目的を達成する方法があることにも気づくことができるかもしれませんよ(・∀・)

例えば、希望の会社に就職・転職するために必ずしもMOSが必須なわけではありません。
もしかすると、面接のマナーや、自分のエピソードを簡潔・明瞭に話す方法を学んだ方が効果的かもしれません。

自分の人生を少しでも無駄にすることなく、有意義にするためにも静かなところでリラックスしながら「自分」に問いかけてみて下さい。
 

できれば紙に文字として目的を書いておくとなお良いです。定期的にそれを見直すとさらに良いです(・∀・)

まとめ

ちなみに私がMOSエクセルを受験した目的はプロフィールに掲載していた通りです。(下記参照)

私がMOSを受験した目的は、社会人になってから仕事のキャリアを積むに従ってほぼ独学で学んだExcelを体系的に学び直して仕事の生産性を高めたかったからです。

その方法としてPCスクールや通信教材も検討しましたが、値段も高いですし、時間的制約もあるため、独学で勉強できる資格試験的なものはないかどうかインターネットで情報収集してみたところ、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の存在を知り、力試しのつもりで受験することに決めました。

プロフィール | MOS Excel2010をわずか16日・30時間弱でスペシャリストとエキスパートの両方を独学合格した方法をさらすブログ

まあ、結構エクセルはもともと好きなので、後半はパズルゲーム感覚でしたが。
振り返ると、「楽しい」ということを感じるのも、ひとつの目的だったのかもしれませんね(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう