Excel2010で「テーブルとして書式設定」を設定する方法

Excel2010で「テーブルとして書式設定」を設定する方法

Excel2007以降に追加された機能として「テーブルとして書式設定」があります。

こちらは、Excel2003までは見出しや各レコードや集計行のそれぞれを手作業で書式設定をしていた部分を「テーブルスタイル」としてそれぞれの要素への書式設定をあらかじめ記録しているものを選択することで、簡単に書式設定を設定することが可能にする機能です。

操作が簡単でかつ見栄えも良いので知っていると事務作業を効率化できます。

また、テーブル機能として行列を追加したい場合も自動拡張してくれるため、書式設定も改めて設定する必要がないので余計な手戻りもなくなるのは精神的にも楽チンですよ!

今回はExcel2010で「テーブルとして書式設定」を設定する方法について解説していきます。

「テーブル」とは?

そもそも「テーブル」という言葉自体に馴染みがない方向けにIT用語としての「テーブル」の言葉の定義を簡単に確認していきます。

「表」という意味の英単語で、ITの分野ではデータなどの要素を縦横に格子状に配置したものを指す。要素の垂直方向の集合は列(column:カラム、コラム)あるいはフィールドなどと呼ばれ、水平方向の集合は行(row)あるいはレコードなどと呼ばれる。

リレーショナルデータベースにおけるテーブルはデータを格納する場所の基本単位で、原則としてすべてのデータは何らかのテーブルに保管される。設計時にフィールドの構成を決定し、データをレコード単位で記録していく。

参照元:テーブルとは 【 table 】 【 tbl 】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典はてなブックマーク _%%TITLE

こちらはOfficeアプリケーションであれば、Excelの他Accessでも使用していく言葉なので覚えておいて損はないでしょう。

「テーブルとして書式設定」の設定手順

テーブル書式設定①

  1. 任意の表を用意(見出しは先頭行へ)
  2. 「ホーム」タブをクリック
  3. 「テーブルとして書式設定」をクリック
  4. 任意のテーブルスタイルをクリック(今回は「テーブルスタイル(中間)2」を選択)

テーブル書式設定②

「テーブルとして書式設定」ダイアログが表示されます。

5. データ範囲、見出しの有無のチェックを確認
6. 「OK」をクリック

テーブル書式設定③

指定のデータ範囲にテーブルスタイルの書式が設定されました!

テーブルに行列を追加する方法

表をテーブルとして設定しておくと、行列を追加していくことが非常に簡単になります。

テーブル範囲のすぐ隣(列追加なら右、行追加なら下)のセルに文字入力を行い、「Enter」キーで確定させるとテーブルのデータ範囲が自動で拡張されます。

詳細イメージは下図をご参照ください。

テーブル書式設定④

テーブル書式設定⑤

テーブル書式設定⑥

テーブル書式設定⑦

まとめ

「テーブルとして書式設定」は知っていると楽になる機能のひとつです。

自分がよく使う表の書式設定をテーブルスタイルとして記憶しておくことも可能なので、この機能を使うと表作成の速度が段違いに上がりますので覚えておくと良いでしょう。

次回以降は任意のテーブルスタイルの追加方法も後日紹介していきます。