列内の英字データを大文字または小文字に一括変換する方法[Power Query(パワークエリ)基礎]
AさんAさん

本来、大文字の英字データの列なのに小文字が紛れてしまってるんですが、これもPower Query(パワークエリ)でぜんぶ大文字へ変換できるものですか?

森田森田

はい、対応できますよ!
その場合、Power Queryエディター上の「大文字」「小文字」というコマンドが有効ですよ!

具体的な使い方について解説していきますね。

はじめに

本題に入る前に、この記事がおすすめな方を挙げてみます。

  • 英字が含まれるデータの大文字⇔小文字の変換作業を自動化したい方
  • データ整形・加工の工程が複数あり、かつその作業が定期的に発生する方
  • Power Query(パワークエリ)の使い方を習得したい方

前提条件

この記事のテクニックを使うためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ExcelのバージョンはExcel2010以降(Microsoft365含む)が必須
  • Excel2010/2013ユーザーの場合、事前にMicrosoft社公式HPよりPower Query(パワークエリ)のダウンロードが必要(Excel2016以降は標準機能)
  • Power Query(パワークエリ)の概要を理解していること
    →まず、以下の記事で概要を把握することをおすすめします。

元データが英字の大文字・小文字の「表記ゆれ」がある場合に「大文字」「小文字」が有効

「表記ゆれ」とは、実質同じデータなのに別の表記になっている、あるいは「こうあるべき」という表記ルールから外れた表記になっていることを指します。

この「表記ゆれ」が残ったままだと、うまく該当の商品コードで検索できない、あるいは集計結果が狂ってしまうといったリスクがあるため、事前に表記を統一しておく必要があります。

「表記ゆれ」の一例として、英字の大文字・小文字の「表記ゆれ」があります。

上記の例のように、商品コードの頭文字のアルファベットは本来「大文字」なのに、「小文字」が混在しているといったイメージですね。

ちなみに、Excelワークシート上でこうした英字の大文字・小文字の変換を行うには、UPPER関数・LOWER関数の利用や置換機能を活用することが一般的です。

ただし、他のデータ整形作業とセットで行うなら、Power Query(パワークエリ)で行った方が、一連の作業手順を記録できて自動化できますよ!

では、Power Query(パワークエリ)での「大文字」「小文字」への変換手順を確認していきましょう。

それぞれ手順はいっしょなので、今回は「大文字」への変換を例に解説していきます。

Power Query(パワークエリ)での「大文字」への変換手順

今回の前提として、「大文字」への変換を行う対象テーブルはブック内にあり、事前にPower Queryエディターに取り込んでいる状態からスタートするとします。(ブック内のデータ取得について復習したい方は下記記事を参照)

まず、変換対象のデータが含まれる列を選択(①)しましょう。

これは、通常のワークシート上の操作と同じ感覚で問題ありません。

次に、リボン「変換」タブをクリック(②)し、「書式」をクリック(③)してください。

そして、今回は大文字への変換を行うため、「大文字」をクリック(④)します。

小文字へ変換したい場合は、手順④で「小文字」を選択すれば良いですよ!

「プレビュー」ウィンドウ上で空白セルへのコピーが確認できたらOK

「プレビュー」ウィンドウを見ると、無事「商品コード」の全データの頭文字が大文字へ変換されていますね!

あとは、その他の処理を行い、任意の方法でデータを出力すれば完了です。

【参考】大文字・小文字の変換内容を変更したい場合は

もし、あとで変換した内容や対象データを変更したい場合は、「クエリの設定」ウィンドウの該当のステップを一旦「×」で削除し、改めて変換処理を行えばOKです。

サンプルファイルで練習しよう!

可能であれば、以下のサンプルファイルをダウンロードして、実際に操作練習をしてみてください。

サンプルファイル_PowerQueryデータ整形_大文字.xlsx

※サンプルファイルのダウンロードには無料メルマガに登録いただく必要があります。
(上記リンクから登録フォームへ遷移します)

ファイルを開いたら、大文字への変換を行う前に、Power Queryエディターを起動させてくださいね。
ブック起動時、「セキュリティの警告」メッセージが表示された場合は「コンテンツの有効化」をクリックしてください。

  1. リボン「データ」タブをクリック
  2. 「クエリと接続」をクリック
  3. 「商品マスタ(大文字)」クエリをダブルクリック

ここまで準備ができたら、次の手順を実施してください。(今までの解説のまとめです)

  1. 変換対象のデータが含まれる列を選択
  2. リボン「変換」タブをクリック
  3. 「書式」をクリック
  4. 「大文字」をクリック
  5. OK」ボタンをクリック

本記事の解説と同じ結果になればOKです!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

英字の大文字・小文字の変換はデータ整形作業の中でもオーソドックスな処理のひとつです。

特に、実務では「表記ゆれ」がある元データを取り扱うケースは頻度が高いため、身に着けておくと役立つ機会は非常に多いことでしょう。

なお、Power Query(パワークエリ)の各種テクニックは、私の拙著でも体系的に解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

英字の大文字・小文字の変換は対象データが多いと、UPPER/LOWER関数や置換を活用するよりも、Power Query(パワークエリ)の方がお手軽に自動化できてめちゃくちゃ便利ですね。

ぜひ、まだPower Query(パワークエリ)を使ったことがない方もチャレンジしてみてくださいね!