ROUNDUP関数で小数点以下を切り上げる方法

前回ROUND関数で小数点以下を四捨五入する方法について解説しました。

ROUND関数で小数点以下を四捨五入する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

ROUND関数の類似した関数のひとつとしてROUNDUP関数があります。

こちらは四捨五入ではなく、任意の桁で切り上げを行なうことができます。

例えば、人工(にんく)を試算したい場合など、計算結果を切り上げたい場合に活用すると効果的です。

今回は、ROUNDUP関数で小数点以下を切り上げる方法について解説していきます。

ROUNDUP関数の基本構成

ROUNDUP(数値,桁数)

数値

切り上げを行なう対象の数値を指定します。

この部分は直接数値を入力してもセル参照(単独セルのみ)でも良いです。

数値として返れば、四則演算やその他関数でも指定可能です。

桁数

切り上げを行なう位置を数値で指定します。

この部分は直接数値を入力してもセル参照(単独セルのみ)でも良いです。

ちなみに”0″にすると小数第一位が切り上げの対象となります。(ROUNDUP関数の返り値が整数となる)

“0″以外の数値については、桁数が正の値の場合は小数点以下の方向に、負の値の場合は整数部分の方向に向かってそれぞれ数値の数だけ切り上げする桁が動くことになります。

【例1】桁数が2の場合:切り上げの対象は少数第三位(ROUNDUP関数の返り値は少数第二位まで表示)

【例2】桁数が-3の場合:切り上げの対象は百の位(ROUNDUP関数の返り値は百の位以下は0になる)

使用例

ROUNDUP関数①

使用方法はまったくROUND関数といっしょです。

今回は1,600時間の工数を1人あたり150時間稼働したとした場合に何人工になるかを試算したいとします。

その場合、ROUNDUP関数の[数値]は”D3/D4″という除算の式を指定します。

そして[桁数]は今回は整数で表示したいので、”0″という数値を指定します。

すると、ROUNDUP関数を入力したD5セルには”11″という数値が返りました。

純粋に計算すると「1,600÷150=10.6666…」でしたが、少数第一位の”6″が切り上げとなりきちんと”11″になっていますね(・∀・)

その他の使用例

詳細は、今後別記事でご紹介する予定です。

まとめ

ROUND系の関数は計算で出したい結果が何なのか、でうまく使い分けができるようになると良いですね。

使用方法はいずれもいっしょで関数名のみが異なるというものなのでROUND関数・ROUNDUP関数・ROUNDDOWN関数の3つをセットで覚えておきましょう。

次回はROUNDDOWN関数について解説していきたいと思います(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事