ROUND関数で小数点以下を四捨五入する方法

Excelで数値を扱っていると、表の中の桁数をそろえたかったり、業務上で桁数が指定されているケースがあるかと思います。

そんな場合、任意の桁数を四捨五入することができる機能のひとつとしてROUND関数があります。

今回は、ROUND関数で小数点以下を四捨五入する方法について解説していきます。

ROUND関数の基本構成

ROUND(数値,桁数)

数値

四捨五入を行なう対象の数値を指定します。

この部分は直接数値を入力してもセル参照(単独セルのみ)でも良いです。

数値として返れば、四則演算やその他関数でも指定可能です。

桁数

四捨五入を行なう位置を数値で指定します。

この部分は直接数値を入力してもセル参照(単独セルのみ)でも良いです。

ちなみに”0″にすると小数第一位が四捨五入の対象となります。(ROUND関数の返り値が整数となる)

“0”以外の数値については、桁数が正の値の場合は小数点以下の方向に、負の値の場合は整数部分の方向に向かってそれぞれ数値の数だけ四捨五入する桁が動くことになります。

【例1】桁数が2の場合:四捨五入の対象は少数第三位(ROUND関数の返り値は少数第二位まで表示)

【例2】桁数が-3の場合:四捨五入の対象は百の位(ROUND関数の返り値は百の位以下は0になる)

使用例

ROUND関数①

今回のサンプルでは、シンプルに10÷3という除算(割り算)に対して、割り切れない計算の場合にROUND関数で任意の桁数で四捨五入を行ないます。

ROUND関数②

この場合は上図の通り、ROUND関数の[数値]は”B3/D3″という除算の式を指定します。

そして[桁数]は今回は少数第二位まで表示するとして、”2″という数値を指定します。

結果、F3セルに入力したROUND関数の返り値は、少数第三位が”3″のために切り捨てとなり、”3.33″という数値になりました。

ROUND関数③

ちなみに繰り上がる場合のケースとして、10÷6という計算の場合もご紹介しておきます。

上図の通り、本来”1.6666666…”という割り切れない数値に対して、少数第三位の”6″が繰り上がり”1.67″という数値になりました。

【補足1】[桁数]はセル指定も可能!

ROUND関数④

上図のF1セルのように[桁数]用のセルを用意しておき、ROUND関数の[桁数]の場所で指定しておくことも可能です。

可変性を持たせたい場合に活用しましょう。

【補足2】[桁数]は整数部分も指定可能!

ROUND関数⑤

上図のように桁数をマイナスで指定することで整数部分の桁数も四捨五入が可能です。

上図では”-2″を指定しているので、十の位が四捨五入され、百の位が繰り上がっています。

その他の使用例

詳細は、今後別記事でご紹介する予定です。

Excel内の類似機能

セルの書式設定の「表示形式」でユーザー定義を設定

Exceのセル書式設定「表示形式」のおすすめユーザー定義【数値編】 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

まとめ

ROUND系の関数は数値を扱う以上はかなりお世話になる関数です。

扱う数値の性質によって四捨五入よりも切り捨て・切り上げが方が適していれば、ROUND関数と類似のROUNDDOWN関数やROUNDUP関数などを使い分けれるようになると計算誤りなどが激減します。

Excelで数値を扱う仕事をされている方には必須の関数だと思いますので、ぜひ覚えて使いこなしていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事