RIGHT関数で任意の文字列の右端から指定した文字数分の文字列を抽出する方法

前回文字列操作関数のひとつLEFT関数について解説しました。

LEFT関数で任意の文字列の左端から指定した文字数分の文字列を抽出する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

LEFT関数は特定のデータ(文字列)の左端から特定の部分を抽出する関数でしたが、逆側(右端)から抽出したい場合もあるかと思います。

今回はRIGHT関数で任意の文字列の右端から指定した文字数分の文字列を抽出する方法について解説していきます。

RIGHT関数の基本構成

RIGHT(文字列,[文字数])

文字列

文字数を抽出したいセルを指定します。

セル範囲(たとえば”A1:A2″など)は指定しても正しくカウントできませんので、1つのセル(たとえば”A1″のみなど)を選択しましょう。

文字数

抽出したい文字数を数字で指定します。

先頭文字が”1″となります。

ここで指定する文字数は半角・全角の区別はありません。

使用例

RIGHT関数①

今回はB6セルに入力されている住所のうち、先頭から3文字分を抜き取りC6セルに返したいとします。

その場合、RIGHT関数で指定する[文字列]はB6セル、そして3文字抜き取りたいので[文字数]は”6″を入力します。

そうすると、C6セルにはB6セルの先頭含めた3文字分として、「100」の値が返ります。

その他の使用例

今後追加予定。

まとめ

LEFT関数とRIGHT関数は関数の構成がいっしょなので、セットで覚えてしまうと良いです。

しかも、英単語のままなので関数初心者でも覚えやすい関数の代表例ともいえます。

次回以降は文字列操作関数で右でも左でもなく任意の部分を抽出することが可能なMID関数について解説していきたいと思います(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう