MAX関数で任意の範囲の中の最大値を求める方法

数値を扱う場合、対象のデータ群の中から「最大値」が必要になる場合があります。

特に複数のデータの中から統計等で分析を行なう際に必要な情報のひとつに数えられています。

Excelではこの「最大値」をかんたんに求めることができるようにMAX関数が存在します。

今回はMAX関数で任意の範囲の中の最大値を求める方法について解説していきます。

MAX関数の基本構成

MAX(数値1,[数値2],…)

数値1

最大値を求める対象のセル範囲を指定します。

この部分は単一のセル(例:A4)でも複数セル範囲(A4:A5)でも良いです。

数値2以降

この部分は必要がある場合のみの任意の項目です。

平均対象が不連続の場合に”,”[カンマ]で区切って指定します。

数値3、数値4のように”,”[カンマ]でどんどん追加することが可能です。

使用例

今回のサンプルデータは管理人の2014年3月の体重および体脂肪率です。(無駄に実際のデータです)

この中で最大値を求めていきます。

最大値を求める対象が連続データ

MAX関数①

オーソドックスなパターンとして、対象が連続したデータの場合ですね。

上図でいえば「体重」はB5:AF5、「体脂肪率」はB6:AF6がそれぞれ最大値を求める対象となります。

各範囲の中から数値がもっとも大きいデータがAG列のMAX関数を入力したセルに返ります。

最大値を求める対象が不連続のデータ

MAX関数②

たとえば、土日祝のデータだけを選択したいというような場合、上図のように5つの対象範囲をMAX関数内で指定し、それぞれの対象範囲の間に”,”[カンマ]を入力してあげます。

私は、MAX関数の範囲のひとつめ(数値1)を選択し終えたら、[Ctrl]キーを押しながら、数値2以降の対象範囲をマウスでドラッグして指定しています。

その他の使用例

詳細は、今後別記事でご紹介する予定です。

Excel内の類似機能

ステータスバーで「最大値」を表示

詳細は、今後別記事でご紹介する予定です。

「オートSUM」ボタンの使い方

SUM関数と同様に「オートSUM」ボタンを活用してMAX関数を呼び出すことも可能です。

MAX関数③

  1. 最大値を表示したいセルを選択
  2. 「数式」タブをクリック
  3. 「オートSUM」ボタンの「▼」マークをクリック
  4. 「最大値」をクリック

セルに直接記述するのに慣れないうちはこの方法が簡単ですね(・∀・)

まとめ

MAX関数は関数名と機能が密接に結びついているため、比較的覚えやすいと思います。

また、MAX関数とまったく逆の機能を持ったMIN関数も存在しますんで、2つ1組で覚えるのが効率的ですよ(・∀・)

次回以降最小値を求めるMIN関数について解説していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事