COUNTIFS関数で複数の条件に合ったデータの個数を求める方法

COUNTIF関数は利用頻度の高い関数のひとつです。

ただ、場合によっては検索条件がひとつであることがネックで、「もっと複数の検索条件でカウントできればいいのに・・・」とExcel2003時代に思うことがしばしばありました(^_^;)

しかたなく、それまではSUMPRODUCT関数などの並列関数を用いてなんとか複数条件でカウントするなどで代用するしかありませんでした。

しかし、Excel2007以降、COUNTIFS関数の登場したことでついに慣れ親しんだCOUNTIF関数の感覚で複数条件のデータのカウントができるようになりました!

今回は、そんなCOUNTIFS関数で複数の条件に合ったデータの個数をカウントする方法について解説していきます(・∀・)

COUNTIFS関数の基本構成

COUNTIFS(検索条件範囲1,検索条件1,[検索条件範囲2,検索条件2],[検索条件範囲3,検索条件3],…)

検索条件範囲1(2以降も同様)

[検索条件]を抽出する範囲を指定します。

[検索範囲]と[検索条件]の数字がそれぞれ2つ1組のセットになっています。

検索条件1(2以降も同様)

検索対象の文字列やセル番地を指定します。

条件に関する考え方はCOUNTIF関数と一緒です。(詳細は下記記事参照)

COUNTIF関数で覚えておくと捗る検索テクニック | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

COUNTIFS関数の使用例

それぞれの検索条件が別の検索条件範囲

今回のサンプルでは、社員情報の中で男性の営業部所属の人数をカウントしたいとします。

また、各検索条件は入力欄が予めワークシート内に設定されています。(B5・B6セル)

COUNTIFS関数の使い方①

その場合、条件はC列の「性別」とD列の「部署」の2つとなります。

検索条件の一つ目は、「性別」になりますので[検索条件範囲1]はC列を指定し、[検索条件1]用のB5セルを指定しておきます。

続いて、検索条件の二つ目、「部署」はD列にあるため、[検索条件範囲2]はD列を指定し、[検索条件2]はB6セルを指定しておきます。

[検索条件2]の「部署」は課の名称がそれぞれ異なるため、”営業部*”のように部以下の文言を*[アスタリスク]のワイルドカードを用いることで”営業部”から始まる入力値のセルの個数をカウントすることが可能になります。

それぞれの検索条件が同一の検索条件範囲

同じ表の中で、今度は2004/4/1から2005/4/1までの間に入社した社員数をカウントしたいとします。

また、各検索条件は入力欄が予めワークシート内に設定されています。(C23・C24セル)

COUNTIFS関数の使い方②

その場合、条件はいずれもF列の「入社日」となります。

検索条件の一つ目は、[検索条件範囲1]はF列を指定し、[検索条件1]は“>=”&C23セルを指定しておきます。

続いて、検索条件の二つ目は、[検索条件範囲2]もF列を指定し、[検索条件2]は“<="&C24セルを指定しておきます。

上記の数式によって、F列の中でC23セル以上かつC24セル以下の値をカウントする設定になります。

C23セルに直接”>=2004/4/1″と入力してもOKです。(その場合、数式上の”>=”&の部分は不要)

まとめ

COUNTIFS関数は覚えておくと数式がかなりシンプルになるのでおすすめですね。

数式の中でCOUNTIF関数の条件を複数入れる感覚になるため、SUMPRODUCT関数よりも分かりやすいですしね(・∀・)

COUNTIF関数を現在使えている方であれば、間違いなくすぐに使えるようになる関数であるため、まだ使ったことが無い方はぜひ試してみてください!

COUNTIF関数自体まだ慣れてない方は、ぜひこちらの記事を読んで勉強してみてください♪

COUNTIF関数で覚えておくと捗る検索テクニック | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事