検索値・条件の整形に便利!ASC関数で全角の英数字カナを半角に変換する方法

複数人で共有で使用することを前提としたワークシートにおいて、人によって特定のコードの全角・半角などでばらけてしまい、後々の集計や加工に戸惑ったことはありませんか?

元々入力規則などで入口の断面で意図しない入力方法を許容しないことがベターですが、必ずしもすべてをカバーできるわけではありません。

そんな時、事後でリカバリーをかける方法のひとつとして、文字列操作関数が挙げられます。

今回はその文字列関数のひとつであるASC関数で全角の英数字カナを半角に変換する方法について解説していきます(・∀・)

ASC関数の基本構成

ASC(文字列)

文字列

半角に変換したい文字数を抽出したいセルを指定します。

セル範囲(たとえば”A1:A2″など)は指定しても正しくカウントできませんので、1つのセル(たとえば”A1″のみなど)を選択しましょう。

使用例

ASC関数①

使い方はとてもシンプル。

英数字・カナの全角が入っているセルをASC関数内で指定してあげるだけ。

上図の例でもC4セルに入力されていた”JAPAN”の全角がD4セルでASC関数によって”JAPAN”の半角に変換されました。

ASC関数②

ちなみにASC関数で指定したセルの文字列内に元々半角の文字がある場合は半角のままです。

その他の使用例

今後追加予定。

まとめ

ASC関数は、VLOOKUP関数やCOUNTIF関数などの検索値となるコード類の整形に大変便利です。

関数エラーを防ぐための事前準備の手法のひとつとして覚えておくと便利ですよ。

特に組織でExcelを共有して使う機会のある方は手作業でエラーをひとつひとつ修正していく手間を減らせるので、ぜひ覚えましょう。

簡単なわりに費用対効果の高い関数のひとつだと思いますのでおすすめです(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事