-shared-img-thumb-PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V

私は独学でVBAエキスパート試験に合格しましたが、独学だけが勉強方法ではありません。

独学の他にも代表的な勉強方法となる通信教育・パソコンスクールも含め、各勉強方法のメリット・デメリットを比較したいと思います。

Sponsored Link

比較項目

比較項目は次の3点です。

  1. 費用
  2. 相談・質問環境
  3. 強制力

この3点は、私が個人的に勉強方法で大事だと思う要素です。

各勉強方法で比較項目3点を評価すると、次のマトリクスとなります。

勉強方法マトリクス

詳細は下記で掘り下げていきます。

費用

やっぱりできることなら学習にかかる費用はできるだけ抑えたいもの。
よって、より低価格で済む方を良い評価としています。

この項目は独学>通信講座>パソコンスクールとなります。

以下、受験料などの共通で発生する費用を除いた話です。

独学

独学の場合、最大限費用を抑えるとテキスト代のみなので、3,000円代で済みます。

ちなみに公式テキストはそれぞれ模擬試験が2種類できるソフトを自分のPCへインストールもできます(・∀・)

公式テキストの模擬試験だけでは不安な場合、VBAエキスパート公式サイトの下記URL経由で公式模擬問題も購入することができます。(だいたい1,600-1,800円)

これで追加で3種類の問題を解くことができます。

対策教材|VBAエキスパート公式サイト

よって、公式テキスト+公式模擬問題をどちらも購入したとして、5,000円弱といったところですね。

通信講座

VBAエキスパート公式サイトの中で紹介されている「ナガセキャリアセンター」ですと、ベーシックだと約30,000円、スタンダードだと約53,000円となります。

VBAベーシック 資格対策講座(Excel) > アオテンストア

VBAスタンダード資格対策講座(Excel) > アオテンストア

e-ラーニング形式で勉強できるためか、独学よりもグッと高くなっていますね(^_^;)

ちなみに標準勉強時間がベーシック21h、スタンダードが30hとのこと。

勉強時間1hあたりの費用はベーシックは約1,430円、スタンダードは1,770円となります。

パソコンスクール

資格の名門TACですと、ベーシックが約31,000円、スタンダードだと約62,000円となります。

VBAエキスパート|TACパソコンスクール

ちなみに標準勉強時間がベーシック12h、スタンダードが24hとのことで通信講座よりも勉強時間が短い設定です。

勉強時間1hあたりの費用はベーシック・スタンダードともに約2,580円となります。

パソコンスクールISA【パソコン教室】- VBA・マクロコース:Office講座

あとは比較のためにもうひとつ。
Google先生で「VBAエキスパート パソコンスクール」というキーワードで検索かけてヒットした「パソコンスクールISA」ですと、ベーシックがなんと240,000円、スタンダードは310,000円と高額。

ただし、学習時間がベーシックが120h、スタンダードが140hとTACよりも5~10倍とかなり長め。

勉強時間1hあたりの費用はベーシックが2,000円、スタンダードが約2,214円となります。

こーしてみると長い時間教えてほしい方であればTACよりもお得ですね。

一番有名なパソコンスクールのアビバはVBAエキスパート対策講座は資料請求になっていて、いくらかかるかわかりませんね。

ちょっと不親切(>_<)

相談・質問環境

続いてはわからないことがあった場合に相談したり質問できる環境かどうか、ということ。

不明点は早期に解消できると、理解度を上げる速度がアップします。

この項目は独学<通信講座<パソコンスクールとなります。

独学

当然一人で勉強なので、基本的に個人の環境や勉強の姿勢に依存します。
できれば、あらかじめ質問できる環境を整えておけるとベストですね。

例えば、パッと思いつく選択肢は次の通りです。

VBAに強い人が特定できている場合
  • 身近なVBAに強い人に直接質問する
  • 身近じゃないけどVBAが強い人へ質問する(サイトのコンタクトフォームやFacebook、Twitterなど)
VBAに強い人が特定できていない場合
  • Yahoo知恵袋などのQ&Aサイトで質問する
  • Googleなどのポータルサイトで知りたい情報を検索する
  • Twitterで質問をツイートしてみる

ここでやりとりできた人に対して「VBAに強い人が特定できている場合」の質問方法を組み合わせることもアリですね。

ちなみに私が運営しているサイトへご質問頂いてもけっこうですよ(*^^*)

通信講座

基本的にはメールなどの文字情報で質問する形式になります。

先述の「ナガセキャリアセンター」ですと、メールサポートは期限内であれば回数無制限とのことです。

ただし、だいたい回答までに3営業日ほどかかるようなので、リアルタイム性は若干おとりますね。

Skypeなどのチャットツールなどで画面共有しながらリアルタイムで回答してくれるサービスがあるとスクールに負けないと思うですけどやってるとことあるんですかね。

パソコンスクール

やっぱりスクールで直接講師陣に質問できるのは強いですね。

スクールなら直接画面を見ながら操作を教えてもらえますし、何より疑問が出たらその場で解決できるのが大きいです。

一番費用がかかっている分、サポート体制が一番手厚いといえますね。

強制力

最後に、試験勉強の質・量を保って習慣化するための「強制力」があるか、ということ。

試験日までの限られた期間内に合格するためには、自分のモチベーションも大事ですが、外部からの「強制力」があるとより勉強計画のブレが少なくなります。

特に勉強計画を組んでも脱線してしまいがちな人は強制力がある勉強法が望ましいですね。

この項目は独学<通信講座<パソコンスクールとなります。

独学

一人で勉強しているとテレビやマンガ、ゲームなどの誘惑に負けてしまったり、家族や友人との急な予定や依頼などで脱線してしまう可能性がありますね。。。

ただ、こちらは対策次第では、独学でも外的な強制力を得ることもじゅうぶんに可能です。
たとえば、次の通りです。

  • 家族・知人にVBAエキスパートをいつまでに合格するか宣言する
  • ブログ・Twitter・Facebookなどで勉強している経過を報告したり、合格することを宣言する
  • タスク管理のアプリやサービスを活用して日々リマインドしてもらう

私は当ブログで途中経過を報告してました。
あと、併用していたのはiPhoneアプリの「たすくま」でVBAエキスパートの勉強もタスク管理してましたね。

私はこの「たすくま」で1日のタスクを起床から就寝までの行動をすべてタスク管理しているので、VBAエキスパートの勉強もタスクとして、いつ・何分おこなうか組み込んでおくと、「このタスク終わっていない」と嫌でもリマインドされます(笑)

「たすくま」はアプリの中では高価な部類(3,000円以上)ですし、使い方も「タスクシュート」というタスク管理の考え方を知っておかないと使いにくいかもですが、同じようにタスク管理アプリは巷にいっぱいありますのでお好みで使ってみてください。

タスクシュートについて知りたい方は下記サイト・書籍をご参照ください。

タスク管理ツール・TaskChute2(PayPal決済)

通信講座

環境的には「自宅で教材を使って勉強する」といった部分は独学とあんまり変わらないです。

しかし、独学よりも通信講座は期間が定められていますし、勉強にかかった費用が高額な分、元を取ろうとする意識が働きます。

あとは、定期的に質問する習慣があれば、講師という第三者と関わることで「勉強しなければ」と思う瞬間を得られるので、独学よりも強制力が高いといえます。

ただ、できれば上記の独学でご紹介した強制力を高める方法もセットで勉強すると良いですね。

パソコンスクール

スクールは一番費用が高い分、元をとろうとする意識が通信講座以上に働きます。

また、独学・通信講座と違って、直接自宅以外の勉強する場所へ行き、講師やたくさんの受講生がいるので勉強せざるを得ない時間をつくることができます。

以上の点からパソコンスクールが一番強制力が高いといえますね。

まとめ

3種類の勉強方法を比較してきましたが、優劣はありません。

あくまでも勉強をする人の環境やニーズによって、どの勉強方法がその人に最適なのかが異なるだけです。

別記事で各勉強方法でどんな人が合っているかまとめていく予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう