VBAエキスパート試験概要

VBAをしっかりと基本から学習したい方、VBAの資格を探している方は「VBAエキスパート」という試験が最適です。

Sponsored Link

VBAエキスパートとは?

マイクロソフトOfficeのExcel・Accessのマクロ・VBAのスキルを証明する資格です。

下記はVBAエキスパートの公式サイトから引用したものです。

VBAエキスパートは、Excel、Accessのマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のスキルを証明する資格です。
試験は、「Excel VBA ベーシック」「Excel VBA スタンダード」「Access VBA ベーシック」「Access VBA スタンダード」の4科目で構成されます。ベーシックレベルはビジネスで一般的に利用されるレベルのスキルを評価します。スタンダードレベルはITプロフェッショナルなどに求められる、より高いレベルのスキルを評価します。
出題形式は、選択肢から正しい解答を選ぶ選択式問題と、プログラムコードや関数をキーボードで入力する穴埋め式問題があります。ベーシックレベルには選択式問題だけが出題されます。スタンダードレベルには選択式問題と穴埋め式問題が出題されます。

参照元:
試験全般・試験対策に関するよくあるご質問|VBAエキスパート公式サイト

VBA(Visual Basic for Applications)とは?

そもそもVBAを知らない方が当ページにたどり着いていないと思いますが、念のため記載しておきます。

VBAになじみのない方はもちろん、定義があやふやな方も目を通しておきましょう。

ExcelやAccessなどのアプリケーションに、指示した通りの処理を実行させる機能をマクロといいます。
VBAは、マクロにExcelやAccessへの指示を記述するための言語で、Visual Basicをベースに、マイクロソフト オフィス製品用に開発されたプログラミング言語です。
VBAを使うことで、ExcelやAccessを自在に制御することが可能になるので、ルーティンワークの自動化や大量データの一括処理、または業務システムの開発など、企業内で多岐にわたって活用されています。

参照元:
VBAエキスパートとは|VBAエキスパート公式サイト

下記記事でもVBAについてまとめておりますので併せてご確認ください。

VBA(Visual Basic for Applications)の基礎知識まとめ | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

試験の主催元は?

主催元は株式会社オデッセイコミュニケーションズです。

株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ

つまり、VBAエキスパートは民間資格のひとつですね。

ちなみにVBAエキスパートは2006年から開始された比較的新しい資格です。

試験はいつ?

VBAエキスパートは試験会場によって定められてます。

試験会場は下記の公式サイトから検索することができます。

受験するには|VBAエキスパート公式サイト

試験会場は基本的にオデッセイと提携しているパソコンスクールなどです。

申込方法は?

上記と同様に試験会場を検索し、各試験会場に直接申し込む形式です。

私の場合は、最寄りの受験会場がアビバだったのでリンクをたどって下記サイトからネット申込をしました。

アビバ オンライン検定申込サービス

アビバはネットで受験申込・受験料の支払いまで完結できたので試験会場にわざわざ足を運ばずに済んで楽ちんでした(*^^*)

受験料は?

Excel VBA ベーシック 12,960円(12,000+消費税8%)
Excel VBA スタンダード 14,580円(13,500+消費税8%)
Access VBA ベーシック 12,960円(12,000+消費税8%)
Access VBA スタンダード 14,580円(13,500+消費税8%)

ベーシックよりもスタンダードの方が難易度が高いためか、ExcelもAccessもスタンダードの方が受験料が1,500円ほど高めの設定です。

ちなみにマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)、IC3、VBAエキスパート、コンタクトセンター検定試験の資格を1つでも取得している方は上記受験料が割引となります。
※IC3の場合、単科目合格でなく、資格取得していること(3科目合格、または2科目合格+キーアプリ免除制度利用

  • ベーシック :11,664円(10,800+消費税8%)
  • スタンダード:13,176円(12,200+消費税8%)

私はMOSの資格を持っていたので割引価格で受験できました(*^^*)約1,200円お得ですね。

試験の形式は?

コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式です。

つまりは専用ソフトを使ってPCでの実技試験です。

試験時間は50分で、40問で出題されます。

出題形式は択一問題、複数選択式問題です。

スタンダードは一部穴抜きの箇所を記述する形式の問題もあります。

合格ラインは?

650~800点(1000点満点) 問題の難易度によって上下します。

ちなみに私はExcelのベーシックとスタンダードの両方を受験しましたが、どちらも700点が合格ラインでした。

まとめ

上記の内容は2016/3/5時点の公式サイトの情報をもとに掲載しております。

実際に受験をされる方は公式サイトで現時点の正しい情報を確認の上、申込み頂ければと思います。

VBAエキスパート公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう