elly092062116_tp_v

長い勉強の結果、VBAエキスパートに合格された方、おめでとうございます!

しかし、合格することが目的ではありませんよね?

あくまでも、VBAエキスパートの資格をとったからこそ、当初の目的を達成すべく動いていくべきです。
参考までに、合格後に資格を活かす代表的な方向性をまとめてみました。

Sponsored Link

資格をすぐに活用したい方

資格をすぐに活用したい方は、活用するステージが新しい職場なのか、今の職場なのかで変わりますのでそれぞれご紹介していきます。

自分に該当するものをご覧くださいね。

就職活動・転職活動で活用する

履歴書の資格欄や採用面接などで客観的にVBAスキルを有していることをアピールすることができます。

ただし、もちろんVBAを日常的に使う仕事でないとアピールにはなりませんのでご注意を。

派遣社員の方などは、VBAスキルがあるかないかで時給が結構変わりますよ。

ちなみに履歴書へのVBAエキスパート資格の記入方法はVBAエキスパート公式サイト掲載内容を以下に引用しますのでご参考になさって下さい。

Q.履歴書への記載方法を教えてください。

A.履歴書に記載する場合は、以下のように表記します。

【科目名】

例1) Excel VBAスタンダードを取得した場合
日本語表記: VBAエキスパート Excel VBAスタンダード 取得
英語表記: VBA Expert Excel VBA Standard 取得

例2) スタンダードクラウンを取得した場合
日本語表記: VBAエキスパート スタンダードクラウン 取得
英語表記: VBA Expert Standard Crown 取得

※スタンダードクラウンは、記入欄に余裕があれば、(Excel VBAスタンダード、Access VBA スタンダード)のように2科目の名称も併記してください。

【主催/認定(交付)機関名】
主催/認定(交付)機関名の記入が必要な場合は「株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ」と記載してください。

【認定(免許、証書)番号】
認定(免許、証書)番号は空欄で結構ですが、記入が必要な場合は、デジタル認定証でご覧になれる認定証(PDF形式)の右下に表示される「4桁~5桁※」+「4桁」の英数字を記入してください。デジタル認定証をご覧になれない場合は弊社でも番号をお調べすることはできませんので空欄としてください。
※始めの桁数は、受験時期によって異なります。

今の職場で活用する

今の職場で活用する方法は地味にいろいろありますので、順番にご紹介していきますね。

自分ないしは組織の事務作業をVBAで効率化する

これがもっとも王道ですね。
会社は売上を上げるか、原価を抑制できるかが評価されます。

VBAスキルは事務作業の工数を圧縮できるので、「原価抑制」で貢献できるわけですね。
よりローコストで同じ成果を出せるので。

目標管理などで上長へスキルアップしていることをアピールする

たいていの会社は半期に1回程度は賞与評価のために目標管理を実施しているところも多いでしょう。

そういった場面で、VBAエキスパート資格を取得したこともアピールしておくと評価されるかもですね。

もちろん、社内でVBAスキルが重宝されるようなところならば、という条件がつきますが。

VBAスキルを生かせるポジションで活躍する

上記の2つなどで上手く周囲へVBAスキルがあることをアピールできていると、業務改善を行なう仕事を任せてもらえる機会が増えたり、VBAスキルを生かせる部署へ配置してもらえる可能性がありますよ。

下手に転職するよりも、自分の強みを生かせる仕事ができるかもしれません。

さらにスキルを習熟させたい方

VBAエキスパート試験をきっかけに、よりスキルアップしたいという人も出てくるでしょう。

そもそも、通常業務をVBAで効率化して、浮いた時間をスキルアップにあてる、ということもできるので、よりスキルを高めたいという人は次のようなことにチャレンジするのもアリですよ。

VBAエキスパート試験内の別試験にチャレンジする

VBAエキスパートは複数試験がありますので、別の難易度・アプリケーションにチャレンジするのも良いですね。

  • ベーシック合格者であれば、スタンダードにチャレンジする
  • Excelに合格したのであれば、Accessにチャレンジする

などですね。

私はExcelはすべて合格したので、次はAccessにチャレンジしたいです。
AccessはVBAエキスパートの前にMOSですけどね(^_^;)

他のプログラミング言語の習得にチャレンジする

VBAはプログラミング言語なので、他のプログラミング言語に挑戦するのも良いですね。

VBAでループ・条件分岐・オブジェクト式の概念は理解しているはずなので、あとは他言語独特のコードの特性や関数などを学習すると意外とすっと覚えられるかもですよ。

そういう私はVBA以外はブログで触るWordPressに関連するHTMLやCSSをちょろっと触る程度なので、大きな口では言えないですが。

プロジェクトマネジメントを勉強する

実はコード周りを実際に書くよりもシステム開発のプロジェクトで、関係者と調整したり、進捗管理を行なうプロジェクトマネージャの方が評価されます。(もちろん、お給料も)

ゆくゆくプロジェクトマネージャを目指したい人はプロジェクトマネジメントを勉強するのもアリですよ。

まとめ

VBAエキスパートの公式サイトでの合格者の声も専用ページがありますので、他の方がどう活用しているのかも知っておくと良いかもですね。

合格者の声|VBAエキスパート公式サイト

とにかく、資格はあくまでも資格なので、どう生かしていくかが重要ですよ。

あなたの貴重な時間・お金・労力を費やしたのですから、せっかくなので効果的に活用していきましょう!

ご参考になれば幸いですm(_ _)m

森田森田

私のVBAエキスパートの資格の活かし方は職場の業務効率改善に加えて、ブログのネタにしていることですね(笑)
個人的な次の目標はAccessをマスターすること。本気で勉強してMOSやVBAエキスパートもとろうと思ってます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう