タイトルのままですが、平たく言うと、「エクセル本著者がツールをつくります!」っていうサービスをはじめていきます。

なぜ、ツール開発サービスを行うのか?

私は今まで、エクセルで困りごとを解消するために、このブログでノウハウ記事を600記事以上ポストしたり、エクセルの本を出版したりしてきました。

いわば、「エクセルスキルを高めたい」、「自分で必要に応じてエクセルベースのツールをつくれるようになりたい!」という人向けのソリューションを提供してきたつもりでした。

しかし、中には、

忙しい会社員

手っ取り早く出来合いのツールがほしい!


困っている会社員

自分がほしいツールのイメージはあるけど、自分でつくり上げるスキル・学習時間がない。。

という即効性のあるソリューションを求める人がいることに気づけていませんでした。

実際、私のブログに限らず、インターネットには無料でいくらでもノウハウはゴロゴロ転がっていますが、それらを活用するのにも、最低限の知識は必要ですし、玉石混交の情報から、自分が欲する情報を拾い上げるのは骨が折れる作業ですからね。

こういった即効性を求める人たちに対し、私がどういった価値を提供できるか、考えました。

熟考の結果、ユーザーの要求に完全にこたえるためには、私のノウハウ・経験を生かしてツール開発をしていくことが、一番ユーザーニーズを満たす方法ではないか、という結論に達したため、本サービスを開始することにしました。

おすすめな人

本サービスがおすすめ人を挙げてみます。

  • ツールで実現したい目的は何となくあるけど、仕様・要件にまとめることが難しいため、そこから丸ごとお願いしたい人
  • ツールの仕様・要件が決まっているけど、時間を節約したい人
  • ツールの仕様・要件が決まっているけど、自分のスキルでつくりあげる自信がない人
  • 自作のツールをもっと高機能に改修してほしい人
  • 森田が一般販売している有料テンプレートに自分だけの機能を追加してほしい人
  • 森田にエクセルベースのツールをつくってほしい人

サービス概要

No. サービス名 詳細
1 エクセルツール要件定義サポート ツールの要件・仕様を明確にできていない方は、要件を固めるところからサポートします。
2 エクセルツール開発 1の内容をもとにツール開発を行います。
3 メールサポート ツールの使い方やロジックの質疑回答をメールでサポートします。(回数・期間無制限)
4 Web電話サポート(要件確認×1+使用方法説明×1) ZOOMというオンライン会議室アプリを使用して電話サポートを2回行います。
※実行タイミングは下記のフェーズ1・7です。

サービスの流れ

サービスの流れは以下のとおりです。(”P”は”Phase”の略です。)


(クリックで拡大します)

各フェーズの詳細

P0:申込

本記事の下部にあるコンタクトフォーム経由でお申し込みください。

  • コンタクトフォームの必要事項はすべて埋めてください。
  • 要件定義の案があれば、該当のファイルを添付してください。
    ※要件定義には、少なくとも①ツールを使う背景・目的②アウトプットしたい内容③インプットの条件の3点を盛り込んでください。

P1:要件定義

  • コンタクトフォーム経由でお申し込み頂いた内容を森田が確認します。
  • 要件定義の詳細について、Web電話(サポート1回目)で確認させていただきます。
    →電話の内容を踏まえて、請求金額・納期を森田から提示の上、合意できたら正式受注となります。
  • この時点でキャンセルしたい場合、料金は発生しません。
  • Web電話の日時はメールで決定します。

P2:請求・支払

  • P1の結果をもとに、森田からメールで請求書を送付します。
    Paypalをとおしてクレジットカード決済となります。
    →Paypal:https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal
  • 支払いが確認でき次第、P3へ進みます。

P3:ツール開発

  • 森田にてツールを開発していきます。
    ※開発中に不明点があった場合は森田からメールで確認させていただく場合があります。

P4:仮納品

  • P3の完了後に、森田からメールで作成ファイルを仮納品させていただきます。

P5:検証/FB

  • 購入者さまでP4の内容がP1で合意した内容どおりに動作するか、検証いただきます。
  • 万が一、不具合があれば購入者さまから森田へメールでフィードバック(FB)をいただきます。
    ※検証期間は両者で相談の上決定

P6:不具合改修

  • P5で不具合があれば、森田にて改修作業を実施します。

P7:納品・解説

  • P6の完了後に、森田からメールで作成ファイルを正式に納品させていただきます。
  • 作成ファイルの操作方法やロジック説明をWeb電話(サポート2回目)で実施します。
  • Web電話の日時はメールで決定します。

サービス料金

本サービスの料金は、開発時間によって上下します。詳細は以下のとおりです。

標準料金:14,800円(作業工数5時間以内の想定)

※要件定義が決まっている方は上記から5,000円OFF(9,800円)
※5時間以上かかる場合は、5時間ごとに+14,800円
→P1:要件定義の電話の中で個別に決定します。

たとえば、要件定義あり+作業工数10時間だった場合は以下のとおりですね。

標準料金(5時間分) 14,800円
追加料金(5時間分) +14,800円
要件定義ありの割引 -5,000円
合計 24,600円

ちなみに、大手人材会社の派遣求人情報を見ると、おおよそExcelVBAのスキルが必要な仕事が時給2,000円前後です。

ただし、人によってスキルにばらつきは当然ありますし、そもそもよくある仕事内容は、新たに何かをつくるといったものではなく、既存のファイルやVBAコードの修正程度の内容です。

つまり、エクセル本著者に時給3,000円相当(14800円÷5時間=2,960円)でツール開発できることは、はっきり言ってお得ですよ!

もし、開発したいツールがあれば、この機会にお申し込みください。

注意事項

  • ExcelVBAも対応可能ですが、Web連携や他オフィスアプリケーションとの連携は対応できません。
  • 納品後に要件定義した機能に不備が発生した場合は、無償で改修しますので、お気軽にお問合せください。
    ※内容によって、追加要件と判断した場合は、別案件として請求させていただく可能性がございます。
  • Mac版エクセルは検証環境がありませんので、不具合が生じた場合に保証できません。あらかじめご承知おきください。
  • 開発したツールは、より多くの方の困りごとを解決するために、仕様やワークシート内の情報を一般化した上で別途販売する可能性があります。あらかじめご承知おきください。
  • 開発したエクセルツールは、転載・配信・送信・第三者への譲渡・販売は禁止とさせていただきますので、ご承知おきください。

お申込みはこちらから!


ありなし


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう