Excelショートカットキー

PCを使う仕事の能率を上げるひとつの手段として、ショートカットキーを覚えることが挙げられます。

マウスとキーボードの行ったり来たりを極力なくすことで、最短距離で処理操作を行うことができるためです。

Excelもそんな便利なショートカットキーがたくさん用意されているので、利用しなきゃ損です(・∀・)

今回は比較的エクセル初心者と呼べる方向けに基本のショートカットキーをまとめてみました。

エクセル初心者向けショートカットキー7選

1.セル内改行([Alt]+[Enter])

セル内改行

私もExcelをはじめて触ったときにWordの感覚で改行したいときに[Enter]キーをたたいて思うようにセル内改行ができなかった記憶があります(^_^;)

セル内で改行したい場合は[Alt]を押しながら[Enter]です。必須操作ですね。

2.コピー([Ctrl]+C)

コピー

これまた基本です。Excelに限らず、PCを扱う限りは必須操作です。
使用頻度No.1ショートカットキーです(・∀・) (下記参考記事です。)

人気のショートカットキーは? アンケート結果発表! | エクセル・ワードの使い方ならaoten(アオテン)

3.ペースト([Ctrl]+V)

ペースト

2.のコピーと合せ技で使うことが多いショートカットキーです。必ずセットで覚えましょう。

2.のコピーと3.のペーストを合わせて行うことを「コピー&ペースト」、略して「コピペ」と呼びます。

上記サイトでご紹介の通り、使用頻度No.2ショートカットキーです。

4.切り取り([Ctrl]+X)

切り取り

2.のコピーと似ていますが、異なる点はペースト後にコピー元のデータが消えることです。

コピー元を後々消す前提であれば、2.のコピーではなくこちらのショートカットキーを使いましょう。

5.全選択([Ctrl]+A)

全選択

シートの任意のセルで使用すると、シートの全セルを選択することが可能になります。

セルの書式設定を一括で変更したり、コピーしたい場合に有用です(・∀・)

ちなみにテーブルの中でこのショートカットキーを使うと、シートの全セルではなくテーブル内の全セル選択となります。

テーブル内全選択

6.検索([Ctrl]+F)

検索

検索用のウィンドウが立ち上がるショートカットキーです。

これでシート内の任意の文字列・数式を検索することが可能になります。

「オプション」ボタンをクリックすると、検索の詳細設定の表示/非表示が可能になります。

7.元に戻す([Ctrl]+Z)

ひとつ前に戻る

このショートカットキーでひとつ前の状態に戻すことが可能になります。

Excel操作は予期せず入力・操作ミスを起こしてしまうものですので、「あっ!」と思ったら条件反射的にこのショートカットキーを操作できると平常心で仕事に打ち込めますよ(・∀・)

まとめ

ショートカットキーをいろいろ組み合わせると、ほぼマウスを使わずに作業できるようになります。

まあ、最初からそのレベルを目指すと気持ち的にきつくなりますので、ショートカットキーにまだ挑戦したことが無い方は、まず今回ご紹介したものを優先的に覚えてみてください♪

不思議と少しずつ覚えてくると、便利さを知るからなのか、違うショートカットキーがないかなどの興味が湧いたりするものです。

少しずつ自分自身の”ムダな作業”という名のぜい肉をそぎ落とすようにショートカットキーを身につけていきましょう(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう