Excelで2ページ目以降もタイトル行(見出し)を表示して印刷する方法

Excelのワークシートを印刷する場合、印刷範囲となっている表の大きさによっては1枚におさまらない場合があります。

その場合、2ページ目以降はタイトル(見出し)がないために紙資料を確認する人にとって見づらく、不親切なものになってしまいます。

解決策として、Excelの印刷機能に表のタイトルを固定表示する設定があります。

今回はその方法について解説していきます。

Excelワークシートの2ページ目以降もタイトル行(見出し)を表示して印刷する方法

サンプル

今回は縦長の表のため、タイトル(見出し)は「行」になります。

2ページ目以降もタイトル行(見出し)を表示して印刷する方法①

1ページ目はもちろんタイトル(見出し)が表示されています。

2ページ目以降もタイトル行(見出し)を表示して印刷する方法②

しかし、2ページ目はタイトル(見出し)がなく、何を指し示す表なのか判別しにくいです。

設定手順

2ページ目以降もタイトル行(見出し)を表示して印刷する方法③

  1. 「ページレイアウト」タブをクリック
  2. “ページ設定”関連機能の右隅をクリック

2ページ目以降もタイトル行(見出し)を表示して印刷する方法④

「ページ設定」ダイアログが表示されます。

3. 「シート」タブをクリック
4. タイトル行の入力ボックス右のボタンをクリック

2ページ目以降もタイトル行(見出し)を表示して印刷する方法⑤

「ページ設定-タイトル行:」ダイアログが表示されます。

5. タイトル(見出し)となる行を選択(今回は4・5行目)
6. ダイアログの入力ボックス右のボタンをクリック

6.の手順は[Enter]でもOKです。

2ページ目以降もタイトル行(見出し)を表示して印刷する方法⑥

「ページ設定」ダイアログに戻ります。

7. 「OK」をクリック

ここまでで設定が完了となります。

印刷プレビューを実施

2ページ目以降もタイトル行(見出し)を表示して印刷する方法⑦

無事2ページ目でも選択した4・5行目がタイトル(見出し)として印刷プレビュー上でも確認することができました。

まとめ

どこの企業でもペーパーレス化の促進が急務ですが、まだ紙文化の職場も多いと思います。

今回ご紹介したような印刷機能もまだまだ利用する可能性がある(特に大きな表を取り扱っていて紙文化の職場の方は)ため、覚えておいて損はないでしょう。

この機能を覚えておかないと、無理やり1ページにおさめるか、2ページ目以降になりそうなところに都度タイトル行を挿入するなど、ナンセンスな処理をしなければなりませんからね(^_^;)

印刷機能もなかなか奥が深いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう