印刷するページを任意に区切る「改ページ」を挿入する方法

Excelのワークシートで大きな表を印刷する場合など、印刷ページを任意の位置で区切りたい場合があります。

その際、「改ページ」という機能で任意にページ範囲を区切ることができます。

今回は印刷するページを任意に区切る「改ページ」を挿入する方法について解説していきます。

事象

たとえば、下図のように大きな表の大項目が印刷ページをまたいでる場合、大項目の区切りがよいところでページを分けたいとします。

改ページ挿入①

改ページ挿入②

解決方法(操作手順)

改ページ挿入③

  1. ページを区切りたい範囲を指定
  2. 「ページレイアウト」タブをクリック
  3. 「改ページ」をクリック
  4. 「改ページを挿入」をクリック

1.で指定したセルのひとつ上、ひとつ右の範囲で改ページとなります。A列のセルを指定した場合は1つ上の行で改ページとなります。


下図のように大項目の区切りが良いところで改ページとなりました!

改ページ挿入④

改ページ挿入⑤

【参考】改ページの設定が入った場合の表示

各ビューによって、改ページが任意の位置で設定されたかを確認し、必要に応じて微調整を行いましょう。

標準ビュー

改ページ挿入⑥

改ページの位置で実線が入ります。

改ページプレビュー

改ページ挿入⑦

改ページの位置で青い実線が入ります。

上記方法以外にも改ページプレビュー画面で青い点線部分を任意の位置ににドラッグすることでも改ページ位置を調整することが可能です。

まとめ

印刷する可能性のある大きな表については、あらかじめ改ページ設定しておくと良いです。

特に上記の例のように大項目などの区切りを良くしておいた方がわかりやすい場合などはおすすめです。

ご参考になれば幸いです(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事