OneDrive容量制限廃止

昨年Office365のHome/Personal/Universityプランの加入者に提供されていたOneDrive容量無制限が廃止されるとのこと。

まさかの約1年ちょっとでのプランの「改悪」にはびっくりです(>_<)

やりすぎ注意?

一部のユーザーが容量無制限の恩恵を利用しすぎたことが原因みたいですね(^^;)

やりすぎ注意って。

マイクロソフトが提供していたOneDrive容量無制限プランの廃止が発表されました。廃止後は、新たなプランに置き換わります。

まずは、今回の発表でOneDriveのプランがどう変更するのか。Office 365 Home/Personal/Universityプランの加入者に提供されていた、OneDrive容量無制限が廃止。最大1TBまでに変更となります。1TB以上の容量を使っていたユーザーには通知がくるので、12カ月以内に容量を1TBまでスリムダウンしてくれとのこと。次に、OneDriveの有料プランとして提供されていた100GB/200GBプランが今後、新規ユーザーへは提供されなくなり、かわりに月額2ドル(約240円)で50GB使えるプランが2016年初頭に登場予定(既存ユーザーはそのまま)。また、OneDriveを無料で利用できる容量もマックス15GBから5GBへと減少、これも2016年初頭から適応されていきます。

昨年登場したOneDrive容量無制限プランは、なぜ撤廃されることになったのでしょう。その理由は、一部のユーザーがとんでもない容量を使っていたため。プラン変更が発表されたマイクロソフトのブログによれば、一部のユーザーは複数台のパソコンの完全バックアップや、DVRに記録した全動画、映画を何本も保存し、容量をかなり圧迫していたといいます。平均的なユーザーの1万4,000倍もの容量を使い、75TBも1人で使っていたユーザーがいたというのです。

これ、難しいところですよね。「だって容量無制限って言ったじゃん」という側と、「それにしたって限度ってもんがあるだろうよ」という側ですよね。一部のユーザーが容量無制限という謳い文句を利用し過ぎたせいで、全ユーザーに制限がかかる事態となってしまったのは、残念な話です。食べ放題とは言ったけど、そこまで食べられたらみんなに提供するご飯がなくなっちゃう…ってね。

参照元:マイクロソフトのOneDrive容量無制限プランが廃止、新たなプランに変更 : ギズモード・ジャパン

Office365ユーザーのOneDrive提供サービス変更内容経緯

2014年2月

マイクロソフト社が提供するオンラインストレージサービスの名称がSkyDriveから現在のOneDriveに変更になりました。

「新しいOffice」ユーザーに朗報!OneDriveの容量が1TB→無制限へ | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

2014年10月

Office365ユーザーのOneDriveの容量が1TBから無制限に!

ただし、容量無制限は順次対応するとのアナウンスでした。

「新しいOffice」ユーザーに朗報!OneDriveの容量が1TB→無制限へ | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

日本版ユーザーは個別で申請すれば容量無制限にすることができました。(私も実際に申請してみました)

申請から11日後に容量拡張完了!新しいOffice「Office 365 solo」の特典、OneDriveの容量無制限 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

申請から11日後に容量拡張完了!新しいOffice「Office 365 solo」の特典、OneDriveの容量無制限 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

2015年11月(←イマココ)

Office365ユーザーのOneDriveの容量が無制限から最大1TBに(T_T)

1TB以上を使用しているユーザーには12か月以内に1TB以内にサイズダウンするよう通知されるそうですね。

管理人も1TB超のOneDrive利用者(^^;)

OneDrive容量制限廃止

私もOffice365ユーザーで容量無制限の申請をしていてOneDriveの容量上限が10TBになっています。(利用自体は1TB未満ですが)

このあとやっぱり実際に通知がくるんですかね。

今のところは全然容量に余裕があるので最大1TBでもいいですが、写真関係も含めてすべてのデータをOneDriveへ退避させようとしておりましたが、写真関係はGoogleフォトで一括管理が無難になりそうですね。

Googleフォト

Googleフォト (無料)
(2015.11.14時点)
posted with ポチレバ

高速ですし、残念ながらOneDriveのiPhoneアプリよりも視認性が良いですし。

最後に一言

OneDriveのサービス改悪には残念ですが、1TBでもなかなかの大容量であることは間違いありません。

写真や動画などのファイル容量が重くなりがちなデータ以外の格納庫として扱えば、十分にサービスの恩恵を受けることができると思います。

他の各種サービスと賢く使い分け・共存させていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう