PAK85_deskshiryou20131223500

昨年末からBIツールの中でもブレイクの可能性を示唆されている「Power BI for Office 365」がついに2月上旬にリリースされます。

ビッグデータ時代とビジネスマンをつなぐ架け橋?「Power BI for Office 365」 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

1/30に日本マイクロソフトが商品説明したというニュースを読んだので、ちょっとシェアしたいと思います。

ASCII.jp:マイクロソフト、Power BI for Office 365は2月上旬発売

記事の概要

ビッグデータが「ITの課題」としてではなく「ビジネス課題」として取り組まれていることの証拠でもある。「まずは社内にあるデータを捨てずに活用しようという、身近な取り組みから始まっている。昨日まで使われていなかったデータから、ビジネスの付加価値を生み出すことが重要視されている」(斎藤氏)。

 こうした企業の動きを加速させるべく、マイクロソフトでは「ビッグデータの民主化」というビジョンを打ち出している。具体的には「Excelさえ使えれば、ビッグデータが活用できる」環境を実現し、IT部門スタッフではなく現場従業員がビッグデータを直接、容易に活用できるようにするというものだ。

(中略)

マイクロソフトでは2月上旬からPower BI for Office 365、およびPower BI向けExcelアドインの提供を開始する。「SharePoint Online Plan2」の利用が前提となるが、ExcelアドインはOffice 365 Proplus、およびOffice Professional Plus 2013ユーザーに無償提供される。

 Excelアドインにより、社内/社外のさまざまなデータソースからデータを変換し取り込むPower Query、データを簡単にモデル化しインメモリ分析可能にするPower Pivot、分析結果をアニメーション付きグラフや地図上にマッピングした形で可視化するPower View/Power Mapの機能が提供される。

 またPower BI for Office 365では、データやワークブックを共有するポータルのPower BIサイト、レポート検索機能のPower BI Q&A、さらにモバイルデバイス向けのWindowsストアアプリなどが提供される。

参照元:ASCII.jp:マイクロソフト、Power BI for Office 365は2月上旬発売はてなブックマーク _%%TITLE

まとめ

BIツールは高額なものが多く、導入しても途中で使われなくなるという弊害がありました。

しかし、今回のマイクロソフトで提供しようとしている「Power BI for Office 365」は使い慣れている方が多いExcelアドイン(拡張機能)とのこと。

あながち「ビッグデータの民主化」は絵空事ではない気がしてきました。

慣れ親しんだExcelを通して、SNSなどの外部データを取り込み、集計・分析したり、アニメーション付きグラフや地図上にマッピングしたりなど、現場担当者レベルでデータをあれこれ弄り回せるわけですからね!

まあ、この記事で一番びっくりしたのは、マイクロソフトデータビジョンの写真のところの小さな注釈部分です。

マイクロソフトはセルフサービスBIによる「ビッグデータの民主化」をもくろむ。ONE BILLION People=10億人は「Office、具体的にはExcelのユーザー数を指している」(斎藤氏)

どうやらExcelユーザーは10億人いるみたいですね。(世界の人口の約6人に1人)

この”下地”を有効活用し、さらにBIツールとして進化・深化させる動きは客観的にも非常に良い戦略だと思います。

私もぜひ「Power BI for Office 365」を使っていろいろなデータを弄り回してみたいものです。

うちの会社もこういう時代を先どったツールを早く導入してくれないものですかね・・・。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事