関数なしで手軽に合計や平均値を算出する方法

エクセルで合計や平均値は通常関数などで算出するものですが、もっと簡単に算出する方法があります。

ご存知の方も多いと思いますが、今回はこの方法について参考までにご紹介したいと思います。

その方法は「ステータスバー」

エクセルのワークシート上で計算したい対象のセルを選択すると、ワークシート下部に表示されます。

ステータスバー

上図のように、デフォルトで3つ表示されます。

  • 平均値
  • データの個数
  • 合計

Excel2003まではいずれか1つしか表示できず、いちいち設定を切り替える必要がありましたが、2007以降は一度に複数表示されるようになったので、かなり使い勝手がいいですね(・∀・)

ちょっとした計算なら電卓を使うよりもこちらで計算した方が履歴も残るし楽チンです。

まとめ

ステータスバーの存在を知らない方にとってみたら、かなりExcelの敷居が下がること請け合いです。

もちろん、複雑な計算や定期的に発生する計算などは関数を用いた方が良いですが、簡単かつ随時的なものであればステータスバーで十分なケースは意外と多いものです。

手を抜けるところは手を抜き、他の重要なところにかける時間を多くするように意識したいものですね(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう