Excelで60進法を10進法に変更する場合の注意点

Excelにおいて、意外と混乱するのが時間の数値。
これは60進法と10進法を相互に切り替える場面で起こります。

60進法・10進法とは?

60進法

時計で表示される形式ですね。「12:15」とか。

六十進法(ろくじっしんほう)とは、60 を底(てい)とし、底およびその冪を基準にして数を表す方法である。

参照元:六十進法 – Wikipediaはてなブックマーク _%%TITLE

10進法

0~9を用いて表示する方法です。

十進法(じっしんほう、じゅっしんほう[1],the decimal system)とは、10 を底(てい)とし、底およびその冪を基準にして数を表す方法である。

参照元:十進法 – Wikipediaはてなブックマーク _%%TITLE

Excelにおける注意事項

たとえば、Excelにおいて、「23:00」と入力した場合。

60進法10進法の表示サンプル

時間計算機能のついた電卓であれば、10進法に切り替えたとしたら「23.0」と表示されますが、エクセルの場合は上図の通り、60進法の「23:00」を10進法に切り替える場合「0.958333…」とかなり小さい数字になってしまいます。

理由としては、エクセルは日付や時刻をシリアル値で計算しているためです。

詳しくいうと、1というシリアル値は1日(=24h)を意味しており、今回の例でいう「23:00」であれば、「23÷24=0.958333…」となるためです。

つまり、エクセルで60進法⇒10進法に切り替える場合は「24」を乗算してあげることになります。

「分」に揃える場合は「時間」の数字にさらに「60」を乗算することになります。
具体的には「1440」を乗算するということです。(24×60)

「秒」に揃える場合は「分」の数字にさらに「60」を乗算することになります。
具体的には「86400」を乗算するということです。(24×60×60)

まとめ

シンプルに考えると次の通りです。

  • 60進法⇒10進法:乗算(掛け算)
  • 10進法⇒60進法:除算(割り算)

勤怠管理や生産性管理など、時間の計算をエクセルで行なう場合に避けては通れない考え方ですので、ぜひ理解することをおすすめします(・∀・)

どうしても、理解しにくい場合は、時間計算機能のある電卓であれば、10進法⇔60進法の切り替えの際の計算が不要になりますので、なれないうちは電卓で確認しながら作業をした方が無難ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事