行列

今回はライトな記事です。
意外と混同しやすいExcel(エクセル)における「行」と「列」の覚え方(ある種思い出し方)についてまとめてみました。

ツッコミ要素満載の項目があることはご愛嬌です(・∀・)

1.機械的に覚える

暗記とはある意味機械的に覚える作業でもあります。
ということで、次の2点がおすすめです。

縦が「列」、横が「行」

自分自身に有無を言わさずこう覚えましょう。

アルファベットが「列」、数字が「行」

こちらは現実的です(笑)

Excelのワークシートを思い浮かべてください。
アルファベット表記は「列」、数字表記は「行」を表します。

行列のイメージ

日常的に「A列」とか「1行目」などの表現を意識しておくと混同しないです。

2.漢字の二本線の向きで覚える

3つの覚え方のうち、もっともおすすめなのがこちら。
私はこの方法で側頭葉に叩き込みました。

それぞれの漢字の”つくり”に着目です。

列

図の通り、縦方向に二重線になっているので「縦」を表します。

行

図の通り、横方向に二重線になっているので「横」を表します。

この方法は下記サイトを参照して知りました(・∀・)

エクセルの「行」と「列」どっちが縦でどっちが横か判別する方法 | nanapi [ナナピ]

3.語呂合わせで覚える

3つ目は、語呂合わせです。これも暗記の王道ですね。
無理やりなところはご容赦を(^_^;)

なお、ご自身で覚えやすい語呂合わせを考えるのが一番記憶しやすいと思いますので工夫してみてください。

「列」

「縦列駐車(じゅうれつちゅうしゃ)」と覚えましょう。

「行」

「~が横行(おうこう)する」と覚えましょう。
「~」を自分の覚えやすいものを代入すると記憶に定着しやすいかもです(^O^)

まとめ

基本的な概念ははやめに覚えておくと、参考書や参考サイトの表現の理解度もグッと上がります。

ちょっと強引なところもありましたが、上記の中でご自身が覚えやすい(思い出しやすい)ものをお試しいただければ幸いです(・∀・)

たまには、こういう小ネタ系の記事も何気に自分の勉強になるので良いですね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう