a0002_000174

前回「郵便番号変更ウィザード」アドインを有効にして、郵便番号から該当住所を変換できることをご紹介しました。

Excel2010に「郵便番号変換ウィザード」アドインを有効にする方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

そして、Excel2003までできた「郵便番号辞書」の登録が2010はできないという認識でしたが、最近登録方法があることを知ったのでシェアしたいと思います。

正直「郵便番号変更ウィザード」アドインの方法よりも簡単なので、お手軽です(・∀・)

「郵便番号辞書」を登録する方法

郵便番号辞書登録方法①

郵便番号辞書登録方法②

  1. Microsoft Office IME 2010の「ツール」ボタンをクリック
  2. 「プロパティ」をクリック
  3. 「辞書/学習」タブをクリック
  4. 「郵便番号辞書」を選択
  5. 「一般」にチェック
  6. 「適用」をクリック
  7. 「OK」をクリック

5についてはお好みです。(住所変換をするときの変換モードの選択になります。デフォルトでは「人名/地名」のみのチェックとなります。)

Excel上で郵便番号を住所に変換する方法

郵便番号辞書登録方法③

「***-****」の郵便番号(-[ハイフン]含んだ7桁の数字)を入力して変換すると、変換候補に郵便番号の該当住所が表示されました!

これでかなり入力工数が減りますね♪

まとめ

先にご紹介してあった「郵便番号変更ウィザード」と比較して「郵便番号辞書」が優れている部分(要はメリット)は、外部サイトからダウンロードしなくて良いということですね。

これは、会社の規定によっては、外部サイトからのダウンロード禁止になっている職場の方もいるかと思いますので、そんな環境化でも設定できる点が素晴らしいです。
(私の職場も外部サイトからのダウンロードは本当に厳しいです・・・)

デメリットとしては、プリインストールされている時点での情報のため、「郵便番号変更ウィザード」よりも情報が古い場合がある可能性があります。

ただ、ここは「郵便番号変更ウィザード」でも100%リアルタイムで更新されているとも限りませんので、入力参照元の情報と付け合せて問題ないかの確認で都度カバーしていけば良いですね(・∀・)

ご参考になれば参考です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう