OneDrive容量無制限申請後結果

先日「新しいOffice」の特典となるOneDriveの容量無制限の申請手順まとめました。

新しいOffice「Office 365 solo」の特典、OneDriveの容量無制限の申請手順まとめ | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

実際、容量がほんとうに拡張されるのか半信半疑でしたし、拡張されるとしてもどれくらいの期間となるのかも目途が立たなかったですが、ふたを開けてみたら結構はやい申請から11日後という結果でした。

では、実際にどのような状況で申請完了したか、容量拡張の様子などを参考までにシェアしていきます(*^^*)

申請完了メール

申請が完了した旨は、Microsoftアカウントの登録メールアドレス宛に届きます。(原文は英語)

Gmailの機能で日本語に翻訳した結果もあわせて下図の通りです。

英語

OneDrive容量無制限の申請後①

日本語

OneDrive容量無制限の申請後②

要約すると、「Office365のアカウントが容量無制限のOneDriveのストレージへのアクセス権を持っていて、ひとまずOneDriveの容量を10TBにしたから、それを超過するようだったら、もう一度申請(メール本文末尾のリンクをクリック)してね!」って感じですね。

OneDrive上の表示

メールで通知があった通り、OneDriveの容量は約10TBとなっていました。

OneDrive容量無制限の申請後③

現在は10,270GBもあります。(1TB=1,000GB)(1TB=1,024GB)

内訳は以下の通りです。

  • ① 通常              :  15GB
  • ② Office 365 サブスクリプション : 10,240GB
  • ③ カメラロールのボーナス     :  15GB

②が申請前から10倍になってます。(1,024GB → 10,240GB)

相変わらず端数の「24」の部分の意味がわかりませんが、広告されている内容よりも多いのでお得な気がしますね。

1TBあたりのGB数について6/7に訂正しました。おけいはんさんご指摘ありがとうございました!

ひとまず10TBは自宅のPCと外付けHDDすべてを合算してもだいーぶ余裕のある容量なので、データというデータはすべてOneDrive管理へ移行したいと思います(*^^*)

まとめ

申請から11日後にこのような恩恵を受けることができるとは、うれしい限りです。

実際に私のように容量無制限の権限を早く付与してほしい方は、ぜひ申請してみてください。

なお、あくまでも私が申請した結果が上記の期間であったということだけはあらかじめご了承くださいね。

申請のタイミングによっては、上記期間よりも早かったり遅かったりする可能性は十二分にありますし、「新しいOffice」の全ユーザーへの容量無制限化の準備が整えば申請自体不要になる場合もありますので。

参考になれば幸いです(*^^*)


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事