https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PAK58_kiokuyorikiroku-thumb-1000xauto-15605

職場や学校でExcelを触り始めたばかりの方はExcelのスキルアップをしたいという方も多いのではないでしょうか?

私も今の職場に入社したばかりのころはExcelがほとんどわからないことばかりで、仕事以外にも自主的に自宅で表を自作したりしてスキルアップに努めました(^^;)

おかげ様で今では職場では「Excelに強い」と認識してもらう機会が増え、得意な領域の仕事が多く舞い込んでくるのでやりがいもありますし、余計な精神的負荷がかかることも少ないです。

当時の私のようにExcelのスキルアップを自主勉強したいという方には、体重記録や家計簿などを自作することがおすすめです。

なぜ体重記録や家計簿がおすすめなのか?

1.自分が関心の高いデータを題材にするので継続しやすいから

そもそも表を自作しただけではExcelのスキルアップはしません。

定期的に、継続的に表を更新していくことで、まずはExcelに慣れること、そして関心があるからこそ「こーしたい」「あーできればなー」などの向上心・探求心が芽生えてきます。

2.勉強の元データになるから

いざExcelの勉強を行うとしても、本やネットで紹介されているテクニックは実践しないと身に付きません。

なので、自作した表に対して上記テクニックを試していくことで機能拡張を行うことができたりするわけです。

関数やグラフ、ピボットテーブルなどの機能は、勉強しながらマイペースに自作の表に取り込んでいけばいいんです。

そうすると、たとえば体重記録であれば、目標対比でどうなったか、体重の推移は折れ線上でどう表示されるか、週次・月次ではどうなったか、など追加で集計や分析ができるようになります。

元が自分の関心のあるデータなので、Excelスキルアップもできますし、自分の関心のあるデータでさらなる気づきも得られるので一石二鳥ですよ(^^)

3.スマホ向けアプリやWEBサービスを参考にできるから

ダイエットしたい方や節約したい方は普遍的なニーズなので数多くの既存のサービスがあります。

もしかしたらすでにこういったアプリを使っている方も多いと思います。

ちなみに私はこんなアプリ/サービスを使ってます。

体重記録
家計簿

Kakeibon

すでにこのようなアプリを使っている方も多いと思いますが、そんな方は自分がどんなデータが必要か、イメージしやすいと思いますので表の作成のハードルがぐっと下がりますね。

最初は必要最低限のデータが記録できれば十分!

変に気合いを入れて難しいものを最初から作成しようとしなくても大丈夫です!

2.の理由でもふれたように、今後の勉強で表にどんどんと機能を拡張していくので最初はシンプルな表で十分です。

まずはExcelでどんなことができるのか、全体像を把握する前の状態のため、

  • セル入力
  • 罫線を引く
  • 表示形式を変える

くらいの操作でできる程度のもので良いです。

イメージ的には以下の表くらいのレベル感で十分です。

体重①

そして、次第にExcelのスキルがアップしてきたときに、関数やグラフ、ピボットテーブルなどの機能は順次追加していけばいいわけです。

まとめ

自作の表は体重記録や家計簿がおすすめな理由がおわかりいただけましたでしょうか?

あとは、実際に行動に移すことが重要です。

少なくとも、

  1. 表を自作する
  2. 表に日々記録する
  3. 表に機能拡張するためのExcelの勉強をする

この3ステップが必要になるため、その時間を確保するためにも自分の生活パターンを認識するところからはじめましょう。

そして、1日30分でも時間を捻出して上記に時間を割く習慣づくりをしていきましょう。

ご参考になれば幸いです(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう