Excelで組織図を作成する3つの方法

組織に属して仕事をしている方の中には自分たちの組織を図にしなければならない場合があるかと思います。

そんな場合にExcelは組織図を作成するのにも非常に向いており、なおかつ3種類の方法があるため、自分の得意な操作で作成することができます。

今回はExcelで組織図を作成する3つの方法について解説していきます(・∀・)

1.罫線で組織図を作成する

Excelで組織図を作成する方法①

簡単ですが、下図のような組織図をワークシート上に罫線を用いて作成することができます。

Excelで組織図を作成する方法②

罫線を引くこと想定し、上図のように横の組織図であれば各組織(あるいは役職)の縦のセル数や各組織間の行間のセル数は偶数にしておきましょう。

1.の方法のメリット

  • 検索をかけることが可能
  • 関数などで参照することが可能

1.の方法のデメリット

  • 微調整が面倒(罫線を引き直すなど)
  • 平面のため表現に乏しい

2.オートシェイプで組織図を作成する

Excelで組織図を作成する方法③

王道の方法ですね。

オートシェイプにて組織図をまさに”図”として作成します。

Excelで組織図を作成する方法④

各組織(あるいは役職)ごとにオートシェイプを設置し、コネクタで接続します。

下記でご紹介しているフローチャートに気をつけるべき点はほぼ一緒です。

[Alt]キーでセル幅に合わせながら作成すると綺麗な図を簡単に迅速に作成できますよ♪

爆速でフローチャートを作成するためのExcel(エクセル)テクニック5選 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

2.の方法のメリット

  • オートシェイプの豊富な表現で図を装飾することが可能
  • コネクタ接続のため自由に微調整しやすい

2.の方法のデメリット

  • 自由度がもっとも高いため完成に時間がかかる可能性あり

3.SmartArtで組織図を作成する

Excelで組織図を作成する方法⑤

最後は、クオリティの高い図がほぼテンプレートに近いかたちで使用できるSmartArtです。

専用の入力欄に該当の各組織(あるいは役職)を順番に入力すると、図に自動で反映されます。

どのように反映されるかに慣れていないと時間がかかりますけど、慣れてしまうともっとも早くそこそこ見栄えのするものを作成することができます♪

Excelで組織図を作成する方法⑥

ボタンひとつで組織図のレイアウトや色を変更することができるのも魅力的ですね(・∀・)

ちなみにSmartArtの操作方法は下記記事をご参照ください。

「SmartArt」で簡単にロジックツリーを作成する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

3.の方法のメリット

  • もともとデザイン性の高い図を使用することが可能
  • ボタンひとつで組織図のレイアウトや色を変更可能
  • 慣れるとマウスをほぼ使わずとも組織図を作成することが可能

3.の方法のデメリット

  • SmartArt特有の”癖”に慣れないと使いにくい

SmartArtは「入力」・「体裁」の二段階で図を作成するイメージを持つとつくりやすいと個人的に思います(・∀・)

まとめ

組織図のようなちょっとした図をサクっと作れるかどうかが、けっこう周囲の評価につながったりします。

なるべくキレイなものをなるべく早く作成できるように、まずはいろいろな作成方法があるということを知りましょう。

その上で、自分ができそうな方法、あるいは得意な方法を積極的に活用しながら成果物を一定数作成し続けると自然とスキルがアップしていると思います。

そして、ある程度自分の型ができたら、今度は少しずつ新しい手法でも作成できるようにチャレンジしていきましょう。

私個人も、ほんとうにSmartArtは慣れると便利だなと実感していますので(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事