スライサーを活用してピボットグラフの分析を捗らせる方法

前回、ピボットテーブルでスライサー機能を用いてフィルターを設定する方法について解説しました。

Excel2010からの新機能「スライサー」を活用してピボットテーブルのフィルター操作を快適にする方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

このスライサーはピボットグラフでも使用することが可能です。

スライサーでデータ範囲を絞り込むことで、より詳細の分析を行なうことができます。

今回はピボットグラフでスライサーを設定する方法について解説していきます。

スライサーでピボットグラフのフィルター操作を行なう方法

ピボットグラフ・スライサーの使い方①

  1. ピボットグラフを選択
  2. ピボットグラフツール「分析」タブをクリック
  3. 「スライサー」をクリック
  4. 「スライサー」をクリック

ピボットグラフ・スライサーの使い方②

「スライサーを挿入」ダイアログが表示されます。

5. フィルターをかけたい項目にチェックを入れる
6. 「OK」をクリック

今回は5.の手順で「通話先区分」を選択しました。

5.の手順で複数項目にチェックを入れていると、複数のスライサーが表示されます。

ピボットグラフ・スライサーの使い方③

スライサーで選択した項目でフィルタリングをかけることができました。

なお、今回は”携帯/au”と”携帯/その他”の2項目を選択しています。([Ctrl]キーを押しながらクリック)

ちなみにピボットグラフとピボットテーブルの両方がスライサーの選択項目と連動してフィルタリングがかかります。

まとめ

スライサーは手軽で感覚的にフィルターをかけることができるので、さまざまな数値の比較や傾向分析に向いています。

ピボットグラフでもデータ範囲を狭またり、広げたり、組み合わせたりすることで解析対象の理解度が高まります。

ピボット系の操作のおともにぜひスライサー機能も覚えて自身の作業に役立てましょう(・∀・)


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう