値が極端に小さいデータ系列を簡単に選択して右クリックメニューを表示する方法

前回複合グラフのつくり方について解説しました。

複合グラフ(集合縦棒+折れ線)のつくり方 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

このように複合グラフをつくる場合は、データ系列のいずれかのグラフの種類を変えたり、2軸設定をしたりするために該当のデータ系列を選択の上右クリックメニューを表示する必要があります。

しかし、該当のデータ系列がパーセンテージ(%)などで他のデータ系列と比べて極端に小さい値の場合、グラフ上0に近くなりマウスで選択・右クリックメニューを表示するのに小さなストレスを感じる場合があります。

今回は、少々マニアックですが、そんな値が極端に小さいデータ系列を簡単に選択して右クリックメニューを表示する方法について解説していきます。

値が極端に小さいデータ系列を簡単に選択して右クリックメニューを表示する方法

値が極端に小さいデータ系列を簡単に選択して右クリックメニューを表示する方法①

上図のように2種類の単位の指標をひとつのグラフの対象とする場合、パーセンテージ(%)があると0に近い値のため、ほぼ横軸に同化してマウスで選択しにくくなります。

値が極端に小さいデータ系列を簡単に選択して右クリックメニューを表示する方法②

その場合、以下の手順であれば、範囲選択および右クリックメニューを表示するのが容易になります。

  1. グラフを選択
  2. マウス右クリックorアプリケーションキーを押下

2.までの工程で右クリックメニューとグラフのツールバーが表示されるようになります。

値が極端に小さいデータ系列を簡単に選択して右クリックメニューを表示する方法③

3. グラフツールバーの選択範囲を該当のデータ系列に変更

今回のサンプルでは「系列”体脂肪率”」が該当になります。

値が極端に小さいデータ系列を簡単に選択して右クリックメニューを表示する方法④

ここまでで、該当のデータ系列を選択された状態になります。

続いて、右クリックメニューを表示する方法です。

値が極端に小さいデータ系列を簡単に選択して右クリックメニューを表示する方法⑤

4. [Esc]キーを押下
5. アプリケーションキーを押下

あとはお好きなメニューを選択しましょう(・∀・)

4.の工程でグラフツールバーを非表示にし、グラフをアクティブ状態にします。

グラフがアクティブ状態でないと5.の工程でデータ系列の右クリックメニューが表示されません。

アプリケーションキーはキーボード上のマウス右クリックと同じ効果を持っているキーになります。(詳細は以下URL参照)

アプリケーションキー – Wikipedia

まとめ

このような細かいテクニックを覚えておくと、グラフの苦手意識をなくすことにもつながりますし、作業の手戻りも少なくなるので、ぜひお試しください。

私自身も今回のようなデータ系列を選択するのにマウスで悪戦苦闘していた口ですので便利さは身を持っておすすめできる代物です♪

まあ、慣れるとマウス右クリックでもできなくはないですが、あんまりにも感覚的な手法になってしまうので、今回の方法が再現性の高いものですし。

ぜひ、いろいろなグラフを作成するのにお役立てくださいまし(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう