作業で複数のウィンドウを開く場合は「整列」機能で並べて表示すると捗る!

前回ワークシートの見出しを固定する方法についてご紹介しました。

表の見出しを固定する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回は同じくウィンドウを操作する機能のひとつである「整列」機能について解説していきます。

ウィンドウを整列させる方法

ウィンドウを整列させる方法①

上図のように作業のために複数のExcelファイルを開く必要がある場合に、それぞれのファイルの作業に必要な部分を1画面で表示すると能率が上がります。

そんな時は下記の流れで操作すると良いです。

ウィンドウを整列させる方法②

  1. 「表示」タブをクリック
  2. 「整列」をクリック
  3. 「左右に並べて表示」を選択
  4. 「OK」をクリック

3の部分はお好みで「上下に並べて表示」などにしても良いですよ♪

ウィンドウを整列させる方法③

これで左右にファイルを綺麗に並べて表示することができました。

あとは、各ファイルの作業に必要な部分をスクロールで表示するなど微調整しましょう。

まとめ

かなり細かいテクニックではありますが、「作業環境を整える」ことは事務作業の効率アップ・ミス抑止の基本です。

なお、作業に関係ないファイルまで開いていると、そのファイルも含めて並べて表示されてしまいますので、不要なファイルは閉じてから当操作を行なうようにしましょう。

まだまだ表示関連の便利機能はありますので、後日に別途ご紹介していきたいと思います(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう