ExcelブックをWebページ化したファイルを編集する方法

前回Excelブックをブラウザ上で表示させる方法について解説しました。

Excelブックをブラウザ上で表示させる方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

ただ、定期的にメンテナンスが必要であったり、不備があった場合はファイルの内容を編集する必要があります。

今回はExcelブックをWebページ化したファイルを編集する方法について解説していきます。

操作手順

HTMLファイル編集①

  1. 対象のファイルの上でマウス右クリック
  2. 「プログラムから開く」をクリック
  3. 「Excel(デスクトップ)」を選択

HTMLファイル編集②

Excelブックが起動します。

場合によって以下のように「読み込み中のエラー」ダイアログが表示されます。

読み込み時に以下の項目で問題が見つかりました

※問題項目の内容がリストボックス内に表示

読み込みエラーを一覧にしたログファイルが作成されました。このファイルは、次の場所に保存されました。:(格納場所).log

4. 「OK」をクリック

Excelで実装していた機能のうち、Webページで使用できないものについて、設定を外された状態になります。
たとえば、入力規則のプルダウンやウィンドウ枠の固定、テーブルとしての書式設定などが挙げられます。


HTMLファイル編集③

5. 任意の箇所を修正
6. 「上書き保存」をクリック

6.はショートカットキー([Ctrl]+S)でもOKです。

まとめ

HTML化した後に編集するのは意外と迷うので、今回のテクニックを紹介してみました。

Excelとして開けば、あとはいつも通りのExcelの知識でOKです。

ちなみに、Excelで編集中でも他の人はブラウザ上で編集前の状態でWebページを開くことができます。

Excelで編集完了前にWebページを開いていた場合は、編集完了後にF+5で再読み込みを行えば編集結果がブラウザ上でも反映されます。
(再度Webページを開き直してもOKです。)

ご参考になれば幸いです♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事