SkyDriveにExcelファイルを保存する方法

前回SkyDrive(スカイドライブ)の登録方法について解説しました。

ExcelなどのOffice製品を格納するのに最適なSkyDrive(スカイドライブ)の登録方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

今回は、そのSkyDrive(スカイドライブ)へExcelファイルの保存先に設定する方法について解説していきたいと思います。

SkyDrive(スカイドライブ)をExcelファイルの保存先に設定する方法

スカイドライブへの保存①

スカイドライブへの保存②

スカイドライブへの保存③

スカイドライブへの保存④

  1. 「ファイル」タブをクリック
  2. 「保存と送信」をクリック
  3. 「Webに保存」をクリック
  4. 「サインイン」をクリック
  5. ファイルを保存する任意のフォルダを選択
  6. 「名前を付けて保存」をクリック
  7. 「保存」をクリック

4はWeb上でサインインした状態でない場合にMicrosoftアカウントのID・PWの入力を求められる場合があります。

SkyDrive(スカイドライブ)上の保存されたファイルのイメージ

スカイドライブへの保存⑤

ファイルメニュー内に無事格納されています。

スカイドライブへの保存⑥

ファイルをクリックすると、Excel Web Appが起動し、ブラウザ上で該当ファイルの内容を確認できるようになります。

余談ですが、Excel Web AppのUIが2013っぽくて2010ユーザーの私には新鮮でちょっぴり気持ち良いです(・∀・)

まとめ

基本的にファイルの保存はローカル設定している方も、対外的に共有すること機会があるんであれば、SkyDrive(スカイドライブ)に直接保存する方法を知っていると、かなり手間が軽減されます。

「ローカル保存⇒SkyDrive(スカイドライブ)フォルダへ以降」よりも「SkyDrive(スカイドライブ)へ直接保存」の方が1工程短縮!

まだ試されたことがない方は、難しい操作でないので、ぜひ一度試してみてくださいね(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう