Excel2013で新しいブックの作成時の標準フォント・フォントサイズ・ビュー設定・シート数を変更する方法

先日Excel2010で新しいブックの作成時の標準フォント・フォントサイズ・ビュー設定・シート数を変更する方法について解説しました。

【Excel2010】新しいブックの作成時の標準フォント・フォントサイズ・ビュー設定・シート数を変更する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

最近は自宅でExcel2013も導入したので、若干Excel2010と操作手順やメニュー表記が変わったりしている部分があります。

今回はExcel2013で新しいブックの作成時の標準フォント・フォントサイズ・ビュー設定・シート数を変更する方法について解説していきます。

操作手順

Excel2013新規ブック設定変更①

1. 「ファイル」タブをクリック


Excel2013新規ブック設定変更②

「ファイル」タブのメニューが表示されます。

2. 「オプション」をクリック


Excel2013新規ブック設定変更③

「Excelのオプション」ダイアログが表示されます。

3. [新しいブックの作成時]を任意の設定へ変更
4. 「OK」をクリック

今回のサンプルでは以下の設定に変更しました。

Excel2013新規ブック設定変更④

  • 次を設定フォントとして使用:メイリオ
  • フォントサイズ :10
  • 新しいシートの既定のビュー:ページレイアウト ビュー
  • ブックのシート数:2

Excel2013新規ブック設定変更⑤

ポップアップメッセージが表示されます。

5. 「OK」をクリック

メッセージの内容は以下の通りです。

フォントの変更を有効にするには、Microsoft Excelを閉じてから、再起動してください。

Excelを開いている場合は、このタイミングですべて閉じておきましょう。


Excel2013新規ブック設定変更⑥

スタート画面に切り替えます。

6. 画面下の「↓」をクリック


Excel2013新規ブック設定変更⑦

アプリケーションの一覧が表示されます。

7. 「Excel」をクリック


Excel2013新規ブック設定変更⑧

Excelが起動します。

8. 「余白のブック」をクリック


Excel2013新規ブック設定変更⑨

サンプルの通りにフォント・フォントサイズ・ビュー設定・シート数が変更されました。

まとめ

上記の手順6.以降は下記記事のようにタスクバーにExcelをピン留めしておくと、より手軽にできます。

Windows8.1でExcel新規ブックを簡単に作成する方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

Excelの標準設定ではいちいち切り替えているのが「めんどくさい」という人は、上記のテクニックを活用しましょう。

ご参考になれば幸いです(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう