筆ぐるめの住所録をExcelにバックアップする方法

直近で住所録&ハガキ作成ソフトである「筆ぐるめ」を用いて年賀状作成をしてみました。
(私のPCにプリインストールされたいたのは18で最新ではありませんが)

『筆ぐるめ』 Official Web Site – 富士ソフト

そこでこの「筆ぐるめ」で登録した住所録という外部データをExcelファイルとしてバックアップする方法について解説していみたいと思います(・∀・)

「筆ぐるめ 18」の住所録をcsvファイル形式でバックアップを取る方法

筆ぐるめ→Excel①

筆ぐるめ→Excel②

筆ぐるめ→Excel③

  1. 「住所録」をクリック
  2. バックアップをとりたい住所録を選択
  3. 「保存」の右側の「▼」をクリック
  4. 「別形式保存」をクリック
  5. 「csv形式」を選択
  6. 「OK」をクリック
  7. 任意のファイル名を入力(上図では”sample住所録”としています)
  8. 「保存」をクリック

筆ぐるめ→Excel④

無事csvファイルが作成されました!

ファイル形式をcsvからExcelブック形式へ変更する方法

まず、csvファイルを開いておく必要があります。

筆ぐるめ→Excel⑤

筆ぐるめ→Excel⑥

  1. 「ファイル」タブをクリック
  2. 「名前を付けて保存」をクリック
  3. 「ファイルの種類」を「Excelブック(*.xlsx)」へ変更
  4. 「保存」をクリック

3は「Excel 97-2003ブック(*.xls)」でも良いですよ(・∀・)

筆ぐるめ→Excel⑦

無事Excelブック形式のファイルが作成されました!

csvファイルは上書きはされず、残ったままになります。

まとめ

今回は「筆ぐるめ」を例題に出しましたが、外部データとしてcsv形式で出力(エクスポート)されるものは結構あります。

csvファイルのデータは見た目は普通のExcelですが、テキストデータのみの情報しか保有できないため、グラフや関数、その他書式などを追加していく必要があれば、あらかじめExcelブック形式にファイルを変換しておくのが良いですね。

comma-separated values(略称:CSV)は、いくつかのフィールド(項目)をカンマ「,」で区切ったテキストデータおよびテキストファイル。拡張子は .csv、MIMEタイプは text/csv。
「comma-separated variables」とも言う。広く普及した訳語はないが、「カンマ区切り」などとも呼ばれる。Microsoft Excelでは「CSV (カンマ区切り)」としている。

参照元:Comma-Separated Values – Wikipediaはてなブックマーク _%%TITLE

ご参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガはじめました!(特典あり)

メールアドレスを登録すればブログではお伝えできない情報を無料で受信できます。
今なら特典として、サンプルファイルを無料でプレゼント中!
もっとエクセルをスキルアップしたい方は、ぜひご登録くださいm(__)m

ご案内

おすすめ記事